砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

限界カンパニー

限界集落という言葉がある。
過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になって冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になっている集落を指すそうだ。


実はオジサンの会社も平均年齢が60歳を超えようとしているので「限界カンパニー」となろうとしているかもしれない。


日本食品流通業界なので営業は日系人が多くなるわけであるが、なかなか若い日系人は入社してこない。


オジサン達の顧客のお寿司屋さんも日本人は年寄りが多くなり、若い職人は韓国人、中国人や東南アジア系になっている。
若い日系人は朝早く、キツイ仕事は選ばなくなってきているのかもしれない。


カルフォルニアのサンタバーバラは美味しい雲丹が取れて日本の築地にも輸出するぐらいだが、最近入荷状況が良くない。
理由を聞くと悪天候故だが、もう一つの理由にウニを取るダイバーが高齢化して少なくなって来ているそうだ。


確かに波が荒れてる時も寒い時も海にダイブするのは命懸けである。


今の若い人達はもっとリスクの少ない仕事を探してしまうようだ。
この職業も「限界ビジネス」だ。


当然ダイバーに払う金額を上げなければならない状況になるので、今週から5ドル値上がりとなり、築地から入れている北海道根室の雲丹と同じぐらいのプライスになる。


水中ドローンみたい物を作って雲丹を取る時代がすぐ来るかもしれない。


60歳を超えた人間が多くなるとどうも勘違いや思い違いが多くなる。
朝3時に起きて会社に着くと、まずお客様からのオーダーをコンピューターに入力して行くのだが、入力ミスが起こると大変迷惑な事になる。


前は「オマエ何やってんだ~」とか「どうすんだよ!」とか裁きの言葉が交わされていた。
しかし最近は「もうみんな60を超えている人には優しく接しよう」「しょうがないと思って、愛をもって受け止めよう」という方向になってきた。


「許せ、愛せ、団結せよ」というわけで「いたわり合う会社」になっているわけだ。
これも「限界ビジネス」によく見られる傾向かもしれない。


「まあ人生100歳を超える時代だから、今の60歳は一昔の40歳ぐらいのもんだ」と気持ち的には言い聞かせているが、なかなか身体は「限界体力」であるのも事実だ。


もっともスパニッシュのドライバーや清掃係は20代、30代なので、彼らを含めればグッと平均年齢を下げる事が出来る。
しかし日本の食文化の美味しさ素晴らしさをアメリカに伝える仕事なので、やはり若い日本人を探してみようと思う。


朝早く起きれる若い日本人がラスベガスにいるかは大変不安であるが。
(オジサンの2人の息子は無理そうだ)




ガリ勉弁当

先週末は長男の大学卒業式に参加して来た。


Cal Poly Pomonaは家から東にハイウエーで25分の所にあるので近からず遠からずの距離だ。

 



Cal Poly (カリフォルニア州立工科大学)は緑が多く、エンジニアの大学だが他に農学部もあるので広いキャンパス内の牧場で馬や牛がのんびり寝そべっているユニークな大学だ。

 


卒業式は朝9時からだったので15分前に着けば楽勝と思っていたが、着いてみるとかなり席は埋まっていた。


野外で式典は行われるので木陰の椅子は既に抑えられている。
カリフォルニアの6月はもうすでに夏である。


カリフォルニアの青い空の下、3時間も座るのは体力の無いオジサン達には難しい物がある。
式典が始まって気温が上がってくると、椅子をもって木陰に移動している参加者がゾロゾロ動き出した。
最初は数人だったが、やがてドンドン移動してゆく、まさに民族の大移動だ。
まず日本ではありえない行動であろう。


卒業生が学長から証書を頂くのがセレモニーのクライマックスなのだが、オジサン達の席からは遠くてほとんど見えないではないか。
しょうがないから野外の拡大スクリーンで見ていた。


やがてトイレに行くためにカフェテリアを通ると、ナントそこにも大きなスクリーンで証書の授与式が映し出されているではないか。
クーラーの効いたカフェテリアの中にはスターバックスもトイレも近くにある。
まさに高齢者には有難い場所だ。


同じアイデアに気づいた人達と息子、娘たちの晴れの姿を見ていたのだが、どうも斜めに座っていたので今は腰痛が出て来てしまい苦しんでいる。


前にもブログに書いたが、高校まで全く勉強しなかった長男だったが。
1年間ボランティア活動で全米を回り、カリブ海の貧しい島に奉仕活動をしたりする中で、何かを気づいたのか「エンジニアになる」と決意してからは、人が変わったように勉強して何とか卒業まで漕ぎつけた。


教育は良いキッカケが重要だと痛感させられたものである。


朝早くお母さんの作る弁当を持って、ガリ勉の毎日であったが、
「やっと、ガリ勉から解放されるね」と言うと、まだアップグレイド ライセンスの為にこの夏は州の試験を受けるのだそうです。


「あっ、そう........」と答えるしかないオジサンと奥様でした。


奥様のガリ勉弁当作りはもう少し延長の様です。ゴクロウサマ。






UBER初体験

今回はLos Angeles に飛行機で帰る事にした。
先回は車でドライブしたが、さすがに疲れが溜まったので今回は飛行機にした。
ベガスの空港は会社から15分と言うのも魅力だ。
全米でも町のど真ん中に空港があるのは珍しいかもしれない。
他の空港との違いはもう一つある。
搭乗口までスロットマシーンがあるのだ。


「飛行機が来るまで金おいてけ~」と言う事か。
このスロットマシーンは昔は横にあるレバーを引いて回していたので「片腕のギャング」と呼ばれていたそうだ。


ベガスを出るまでは有り金をはたいて欲しいのだろう。


時間があったのでウロウロして、目に留まったのは犬のマークの部屋である。
犬が飛行機に乗るのかと思ったが、我が社の愛犬家によると小型犬なら一緒に乗れるそうである。


その為の部屋なのだろうが、何もそこまでとも思う。


ユニクロのULTRA LIGHT JACKETの自動販売機があるのも驚かされた。


さてLONG BEACH AIRPORT に到着して、初めてUBERを使った。
いや~便利な物である。
スマホの中にアプリが入っているので行き先を入力すれば、UBERに契約している車がすぐ来てくれる。
あらかじめ車種とドライバーの顔写真が出て来るので、その中から選べることが出来るし、マップで経路と金額がスマホに出て来るのでごまかされる心配は無い。
何よりもUBERシステムの方でクレジットカードから自動引き出しなので何かと安心だ。


これではタクシーを使う人はどんどん減って行くだろう。
日本で言うところの違法の白タクを合法化したようなものだが、かなり高度にシステム化している様に思える。


UBERを使い終わると、直ぐにスマホにUBERシステムからドライバーの評価やコメントが求められるのも企業努力を感じさせられる。


オジサンはタクシーには日本で悪い経験があるので、人の車に乗るのは好きでは無いが,UBERにはかなりの好印象を持てたと思う。


実はオジサンにもUBERからドライバーのお誘いメールが来ていたが、引退後の小遣い稼ぎには良いかなと思っている。


まあ、その時にまだ運転技術が衰えてない事が前提だが。