砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

「名は体を表す」

「名は体を表す」という言葉があるが、自分の名前と60年も相棒関係にあるので次第になじんでくる。
褒められるのも怒られるのもコノ名前なので切っても切り離せない関係になっている。
オギャ~と生まれた時からの付き合いで、墓石に彫られるのもコノ名前だ。


オジサンの2人の息子を名付ける時も一生使われる物なので色々頭を悩ませたものだ。
姓名判断の画数も調べたりして、健康で、明るく、正しく生きて欲しい思いを込めて親は子に名付ける。いわゆる名前は親からの祝福と言える。
オジサンの親も試行錯誤しながら、祝福の思いをもってオジサンを名付けてくれたと思うのです。


オジサンは「清」の一文字を名前の中に貰っている。
「清く生きて欲しい」と言う親の願いが込められていると思う。


今さら金や権力や野望とは関係ない生活をしているので、せめて「清」の名に近づくよう努力しようと思っています。


『心清き者は幸いなり、彼らは神を見るであろう』


イエスの山上の垂訓の御言葉であるが、この一節には思い入れがある。


中学、高校がミッション系だった話は前にしたが、「神がいるか、いないか」という議論は友人とよくした。
簡単に答えが出る訳では無いが、「いらしゃるなら見てみたい」のが人の情である。


どうしたら見る事が出来るのか友人と議論したり無い頭を捻らしてた時、何気なく開いた聖書のページがマタイ伝の「山上の垂訓」で、この一節が目に飛び込んできた。


神を見る為にはコックリさんや霊眼の開発ではなく、断食や滝に打たれる修行でもなく、心を清める事こそ重要と悟った。


さて、では「神を見る事が出来たか」と聞かれると、まだ修行中と応えざるを得ないが、
少し感じる事は出来る。


長く人生を経験して来た多くの人が、自然の中に、人との交わりの中に、苦難と克服の中に何らかの崇高な意思を感じるという。


内村鑑三が『代表的日本人』の中で書かれたように、西郷さんの『敬天愛人』の信条は無私の心で国を思い、自然の中を散策する中で天からのささやく声を感じていたのかもしれない。


オジサンもまだ時間が残っているので「清」という自分の名前が体を成すように努力しなければと思った、風吹く砂漠の夜でした。


情熱的なスペイン人

今日は珍しいお客さんが来社した。
2人のスペインの魚屋さんだが新商品を紹介しに来られた。


スペインからは地中海の本マグロを仕入れているが、今回は新商品があると言う事で説明を聞いていた。
しかし新商品よりも2人の面白いスペイン人に興味を持った。


最初は「いらないな~」と思っていたが、面白い顔であの手この手で説明されている内に買ってしまった。
スペイン語訛りの英語は聞きやすい、発音が日本語に似ているのかもしれない。
オジサンが英語の発音の事を言える立場ではないが、フランス人と英語で話すとお互いに理解不能だったがスペイン人との会話は分かり易かった。


新商品の説明より情熱的に話す彼らの顔を見ながら、古のスペインの宣教師フランシスコ ザビエルを彷彿してしまった。
頭のてっぺんが禿げてる上に口の周りはヒゲがある。なんかザビエルの絵に似ていた。


スペイン人は情熱的と言われるが、ザビエルも彼の様に情熱的に宣教したのであろうか。


情熱的なトークにつられて、ついつい買ってしまった新商品はカナリア諸島で養殖されていると言う。
早速調べてみた。
スペインの近くかと思ったら、アフリカのモロッコと西サハラの先である。

 


非常に美しい島のようだ。
カナリアと言うので鳥のカナリアがいると思えば、ラテン語で「犬の島」を意味するようだ。
かつては日本のマグロ漁船団はここの港を遠洋漁業の基地としていたそうである。
日本の漁業は七つの海を股にかけているのです。


商談成立でザビエルさん(仮名)達は喜んで帰って行ったが、彼らを見送りながら「吉本に入って日本で漫才デビューすれば儲かるもにな~」と思ったオジサンでした。


何の商品かって⁉ それは企業秘密です。





「天賦の才」

先回、オジサンはハリウッドで仕事をしていたと話したが(映画関係の仕事ではありません)、エンターテイメントの聖地とされるハリウッドは行ってみるとがっかりするかもしれない。


チャイニーズシアターやウォーク・オブ・フェイム(スターの名前の星型の敷石が歩道に埋め込まれている)など初めて来られた方には面白いかもしれないが、常にドキドキさせる変化がある訳では無い。
ラスベガスの方が規模も大きいし、エンターテイメントにも躍動感があると思う。


当時GEISHA HOUSEという大きなレストランのGシェフとビジネスをさせて頂いて週3回はハリウッドに営業に行っていた。


オーナーが映画関係の人だったのでレオナルド ディカプリオがピンクのHamerのリムジンで来店したり、ジャネット ジャクソンのグループが来たりとか、映画業界の人達のたまり場になってかなりの盛況を誇っていた。
Gシェフはこうしたセレブが好むお店を作る「天賦の才」があるかと思う。


オジサンは魚屋なので正面からではなく基本裏から入って行く。
表側のハリウッド ブルーバードとは打って変わってごちゃごちゃで汚い。
車を止めていても盗まれないか不安な感じである。
スターが住んでいるのは山の手の方で、ハリウッド通りの表は華やかだが、裏側はちょっとヤバイ人や変わった人たちが多い。
どの町にも表と裏があるのです。


裏通りのアパートメントにはハリウッドでの成功を夢見て田舎から出て来ている人達が大勢住んでいる。
レストランでウエーター、ウエートレスをしながら俳優を目指しているので美男美女も多い。
不思議に日本人の若者もかなりいた。


近くに音楽の学校がありスターを目指して日本から来ているのだ。
こうした海外の留学生を入れて商売している音楽学校や英語学校は意外と多い。


オジサンも絵を描くが、芸術の世界は持ち合わせた才能が物を言う。
趣味としてやるならともかく仕事とするには「天賦の才」が無いとナカナカ難しい気がしする。
夢と目標を持って頑張っている学生もいれば、日本が嫌になってアメリカでブラブラしている学生もいる。


ひょっとしたことで福島から来た19歳の女の子とハリウッド通りで会い、話を聞くと女優を目指していると言う。
実に純朴で澄んだ瞳を輝かせて将来の夢を話してくれた。


たぶん家出同然で日本を飛び出してきたのかもしれないと思った。


ハリウッドの名前は人を酔わせる響きがあるようだが、成功するのはほんの一握りの才能を持った人たちである。


残念ながら半年ほどして偶然彼女に会ったが、ずいぶん雰囲気が変っていた。
見てからにちょっとヤバイ人達のグループと付き合っているようだった。
「眼つきが変わる」と言うが、彼女の瞳は前のモノとは違っていた。


最初の目標とは違う道を歩んでいる様に思えたが、通りすがりの魚屋のオジサンが話したからと言ってどうにもなる物でもない。


ハリウッドの名前を聞くと思い浮かぶのは、先回ブログで書いた陽気な乞食屋さんとあの福島から来た女の子の瞳である。 それとGEISHA HOUSEのGシェフかな。


実はこのGシェフは5年後、これまたひょんな繋がりでラスベガスでお店を開くのを手伝わせて頂き、いまもビジネスをさせて頂いている。
ここもセレブが良く集まる店である。


Gシェフの「天賦の才」は場所が変わっても廃れないようだ。