砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

Made in TSUBAME (燕)

オジサンはテレビはあまり見る方では無いが、周りから「良かったぞ」と言われた物は一応チェックするようにしている。
池井戸潤氏の作品はどれも良かったので、「下町ロケットーゴースト」も面白いか評価を求めた。
テレビ通の奥さんに尋ねてみると「アタシャああゆうのは肩がコルので見ないよ」と返って来た。
奥さんはお笑いとサスペンスが好きなのだ。
最近はカンブリア宮殿やガイヤの夜明けなどの硬い物も見ているらしい。


昨日はNHKスペシャルでやっていた内容を話してくれた。
日本で英語の堪能なタクシーのオジサンが外国人に大好評で、チップなども貰って商売繁盛と言う事だ。
「あなたも将来試してみたら意外と合ってるかもよ!」とおしゃられる。
欧米人相手に英語で明るく楽しくお相手をすれば良いなら、意外と適職かもしれない。
ストレスも今よりは無さそうだ。


確かに陸王も下町ロケットも、リラックスしてみると言うより、力が入ってしまうドラマだ。
中小企業が舞台で業界大手の嫌がらせや妨害を受けながらも諦めず、訴訟問題を乗り越えながら一致団結して勝利を勝ち取る。
ストーリーの多くがドンデン返しと逆転勝利だ。


業種は違うが、どうもオジサン達の会社と状況があまりにも似ていて他人事とは思え無い。
だんだんのめり込んで、力が入ってしまう訳だ。


この前の日曜日に3話纏めてドラマを見てしまった。


ストーリーも面白いが、それとは別にロケ地である新潟燕市の田園風景が嬉しかった。


燕市はオジサンが学生の頃に旅した事がある。
三条市、燕市、長岡、小千谷と想い出が蘇る。


燕市はそれぞれの家で小さな作業場があり、中で機械を回しながらスプーンやナイフなどの洋食器を作っていた。
他では見慣れない風景だったので珍しくて良く覚えている。


あの美しい田園風景も微かに覚えがある。、田園風景は日本人の原風景の一つだと思う。
オジサンも子供の頃は家族総出で田植えに出たものだ。
あぜ道、稲穂の香り、稲刈りの作業などが懐かしく思い出される。


もう故郷に帰っても、田んぼはほとんど見られなくなってしまった。
また、一面の稲穂を見に燕市に行ってみたいものだ。


そんな事思いながら日系マーケットに行ったら、洋食器のフォークやスプーンにMade in TSUBAMEと書いてあった。


燕がオジサンを呼んでいる。

歯医者に行きました。

今日は歯医者に行った。
半年に1回クリーナップをする為だ。今回、珍しくドクターから「良く歯を磨いている」と褒められた。
褒められることが少ないので、些細な事でも嬉しい。


オジサンは歯が弱い。今まで歯医者に費やした金額を合わせれば高級車を買えるかもしれない。
治療してない歯はほとんど無いのだ。


静岡の実家の隣が歯医者さんで昔は良く遊びに行ったが、なぜか全く歯のケアーはしなかった。
子供の頃歯磨きをしっかりした思えが無いので、随分虫歯に苦しめられた。
最近は定期的にクリーニングをして歯垢を取ってもらうのだが、歯磨きをしているつもりでも意外と歯垢はついているのに驚く。


鳥に歯を掃除してもらうカバの様に、綺麗なお姉さんに歯垢を取ってもらった。



お昼時だったからか、一所懸命クリーニングしてくれているアメリカンのお姉さんのお腹がグウグウ鳴るのが気になった。
健康で若い証拠である。
流石に少しは気にしたのか、色々と話かけてくる。
静かすぎると腹の虫が鳴る音だけが響くからだ。
と言ってもオジサンは口を開けたままなので話せる訳が無い、ただ一方的に聞くばかりだ。
その内にドクターに代わったと思ったら「私、乳がんで1年程お休みを頂いていたんです」と話し出す。
突然の事で、こちらが患者なのに何か申し訳なくなった。


60歳を超えると、残っている歯を大切にしようと言う思いが強くなる。
60年も一緒に生きてきた大切なパーツだ。
抜いてしまった歯も多いが、これ以上減らすと大変だ。


実は先週、久し振りに会ったシアトルの友人を見てビックリした。
同い年だと思ったが、歯が殆ど無いのである。
目視出来るのは下の前歯1本のみだ。
「それじゃ 食べるのに不便でしょう」と尋ねたら「歯茎で肉だって食べれます」との事だった。強者である。


確かに若い内に歯を無くしていると、歯茎が強くなって歯の役割をしてくれるらしい。
歯茎が進化するのだ。ダーウインもビックリだ。


実は他界したオジサンの父がそうだった。
長男、次男を若くして無くした祖父母は三男の父を随分可愛がり、金平糖など甘い物を買い与えていたらしい。
どうも歯のケアーはしなかったので30代総入れ歯となってしまった。


しかし、若い内に歯が無いと歯茎が強く、硬いおかき煎餅を歯茎でバリバリ食べていた父の姿を思い出す。


オジサンがドクターから歯磨きを褒められた原因は、電動歯ブラシに代えたからだと思う。
奥さんは歯磨き上手なのだが、オジサンは下手とよく注意される。


性格も影響しているので電動歯ブラシに変えて3年になるが、マッサージ効果もあるので歯槽膿漏の予防にもなるらしい。


帰り際にドクターが言うには「義歯(クラウン)が多いので、固い物は気お付けて噛んでください。ちょうど冷蔵庫のドアと同じで乱暴に扱うと壊れやすいので」との事。


父の歯茎に負けたかもしれない。

電子マネー(suica)初体験

今回の帰省で始めてSuica を使った。


以前から存在は知っていたが、よくわからず一回一回キップを買っていたのだ。
しかし、蜘蛛の巣のように張り巡らされた首都圏の鉄道網を潜り抜けて、観光目的地に着くのは並大抵の事ではない。
目的の駅に着いたと安心し、駅を出ようとするとガッチャンと鈍い音がして自動改札口の扉が閉まるのだ。しかも扉が股間あたりを狙って来るのでタチガ悪い。


「あのオッさん、なに人〜⁉︎」と言った目で見る若者の視線がツライ。


「Suica は便利ダゼ!」という友人のススメにつられて買ってみた。
「オーこれぞ電子マネー、文明開花ではないか!」
蜘蛛の巣の様な首都鉄道地図に頭を悩ますこともない。
電車もバスもスイスイではないか!
オジサンの行く道を遮るものは無いと思った。
静岡駅までは....。


Suica で静岡駅の改札口を出ようとした時、あのガッチャンという音でオジサンの行く手を遮った。
「え!ICが上手く読み取れなかったかな」と思って2度3度とトライしたがダメだ。
羽がとれて空から落とされた気分だ。


ウラメシイ顔で駅員さんに「どうなっているんですか〜」と聞くと、ここはSuica ではなくってTOICAだと言う。
「熱海駅ではSuica を使えたのに、何で静岡駅はダメなんだ!?」


「あちらの自動精算機でお支払い下さい」と駅員の説明を受けて改札を出る事が出来たが、一挙に文明開花の花はしぼんだ。


後で兄嫁から「SuicaはJR東日本、TOICA はJR東海」と説明を受けた。
「東京オリンピックが迫っているのに何やっとるんじゃい!」と思った。


それぞれの地域ブロックで電子マネーカードが違うとは文明開花どころか、まだ幕藩体制ではないか。
日本人には納得できても海外から来る外国人には理解不能だ。
オジサンも年に1回帰国するストレンジャーなので理解しかねる。


ニュースで安倍首相は日本再興戦略でキャシュレス化を目指すと書いてあったが、先ずは全国共通のICカード化から始めて頂きたい。


確かに中国のキャシュレス化は凄まじく進んでいると聞くが、中国の現金は偽札だらけで信頼出来ないのも理由にあるらしい。
「現金お断り」の店も多いが、中国国内に銀行口座の無い外国人は電子マネーのサービス対象外なので我々には不便だ。支払い難民が増えてるらしい。


その点日本のSuicaなどのICカードは誰でも買う事が出来るので便利だ。


オジサンとしては現金もカードも上手く使いこなしたらよいと思う。
日本のお金(お札)は芸術性も高いし、国際通貨としても強い。
特に高い物を買う時に福沢諭吉を数える事で無駄買いを抑え、セーブしようと思う。
財布の中の福沢さんの枚数が気になるからだ。
カードだとドンドン使ってしまう誘惑がある。


アメリカはキャシュレスと言ってもVisa, MasterCard だ。
別名「プラスチックの高利貸屋」だ。


そいつが財布の中に2、3枚潜んでいて気を許して使い過ぎると後でトンデモナイ事になる。オジサンの周りにもカード破産者はいる。


現金の様にゴマカシが効かず、御丁寧に使った明細書を奥様の元に送りつけるのも問題だ。後で用途について詰問が始まるケースがある。


随分前にルームシェアーしているアメリカ人のSさんと夕食中、Sさんの奥さんから「あの支払いは何に使ったの?」と電話がかかって来ていた。
食事中にもかかわらずアタフタと説明している姿を見て「何処の国でも男はつらいな〜」と思った。
カード使用明細書が送られてはゴマカシがきかず、ヘソクリも作れない。


今は昔のように現金の入った給料袋をバシーと妻子の前に出して、家長としての威厳を見せる事も出来ない。
バンクにダイレクト デポジットなので並ぶ数字を見て「今回は給料少ないわね~」などと言われるとテンション下がる。


1万円札のウチワで扇いで「いい風だな〜〜」とやりたいものだ。


キャシュレス、電子マネー化と言っても、どうもVISA, Master cardにAple Payなどの巨大企業に踊らされる様で面白くない。


息子達にもキャシュをチラリと見せれば喜んで手伝いをしてくれるので、暫くはオジサンの財布の中にはキャシュ(現金)を入れておこう。


Sさんも毎年日本に行っているので(奥さんが日本人)、次回は明細書が送られる心配の無いSuicaを紹介してあげようと思う。