砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

ニオイ

ニオイは匂いとも、臭いとも書く。
匂いは良いニオイに使い、臭いはクサイとも読み悪いニオイに使われる場合が多い。
実は先週 いきつけの居酒屋で60代の男4人がニオイについて話し合った。
臭い方のニオイである。
魚屋をやっていると、会社のオフィスもオジサン達も魚臭くなる。


英語でSomethig Fishy と言われたら「魚臭い」と言う意味では無く「うさんくさい」「何か怪しい」と言う意味であるように、魚の臭いは余りポジティブなものでは無いようだ。


自分ではもうニオイに慣れてしまっているので気が付かないが、奥さんや子供達には「魚臭い」と言われることはよくあった。


さらに60歳ぐらいになると加齢臭もある「枯草の様な臭い」だそうだが自分では気付かない。
そもそも「枯葉の臭い」とは如何なるニオイなのか?



オジサンは魚屋だからシーフード カレイ臭と言うわけだ。


更にはストレス臭なる物もあるそうで、コレは「ネギの様な臭い」だそうだ。
オジサンがストレスを感じる毎にネギの臭いを発散させているかと思うと、やるせない。


加齢臭もストレス臭も資生堂の研究員が発見されたそうだが、仕事とはいえ臭い物と向き合わなければならない仕事にご苦労様と思う。


アパートの部屋など生活圏にも独特の生活臭がある。
コレは食べている物にだいぶ影響されると思う。
ロサンゼルス近郊のサリトス市はインド人が多いので、彼らの家に行くとカレーのスパイシーなニオイがする。
中国街はラー油、日本はヌカ味噌、韓国はキムチと言うように国をイメージするニオイはあるかもしれない。


この居酒屋ミーティングで会社の魚臭と生活臭の問題の解決策として「オゾン消臭機」を試す事が提案された。
他の支店でも効果があるらしい。早速Amazonで買ってみた。


オゾンは高い脱臭効果、殺菌力、消毒力があるようだが、濃度が高いと有害になるので注意が必要だ。


社員の1人がオゾンが人工的に作れるはずは無いと主張する。
「そんな事が出来るならオゾン層の破壊を簡単に防げるではないか!」と言うわけだ。
「イヤイヤ、グーグルで調べてみな、作れるって書いてあるよ」と説明したが「それはフェイク ニュース」と言われたので、それ以上の説明はやめた。


科学的説明は苦手だし、要は魚臭さが消えるかどうかが問題なのだ。


試した結果、臭さが消えたのでオジサンとしては満足だ。


オゾンは人工的に作れるが不安定な物なので、オゾン層がある上空にまで持って行くのは無理だそうだ。


アポロ11号の月面着陸はフェイク ニュースと言う意見があるぐらいなので、このタイプの人には、自分で確かめた事だけを伝えるのが無難な様だ。


オジサンのアパートにも1台小型のオゾン消臭機を買ったが、かえって何も臭いがしないのもつまらない物である。
秋刀魚の焼く匂い、松茸の香り、リンゴの甘酸っぱい香りも「秋の匂い」である。やっぱり必要だ。


加齢臭の「枯葉の臭さ」も、ストレス臭の「ネギの臭さ」なんかも「秋の匂い」と思って頂ければ幸いだ。
オジサン達は「人生の秋」にさしかかっているので秋臭くて当然である。
それもまた生きて来た証だ。


かえって加齢臭をごまかす為にオーデコロンなどつけたりすると魚が不味くなる。


消臭もほどほどにする事にしよう。

SIN CITY のマリファナ ビジネス。

今週は忙しかった。


ラスベガスは通常11月からクリスマスまで、暇な時期である。
最近は感謝祭の前からクリスマスツリーなどのデコレーションが始まり、すでにクリスマス ソングが聞こえて来る。
この時期はHolly Seasonと呼ばれるので、Sin city(罪の町)のベガスには人が来なくなり暇なはずであった。




しかし何故か忙しかったのである。


確かに一万人規模のコンベンションが3つ程あったが、1か月前にあった16万人のコンベンションでは完璧に外れたので油断していた。


魚屋であるオジサンの仕事が忙しい時とは、各ホテルの高級日本食レストランに羽振りの良いお客さんが来て、寿司などの日本食材をガンガン食べてくれた時だ。


今週は特に長崎産ハマチが飛ぶように売れた。
週で1500キロほど売れたと思う。
ちょうど長崎のハマチの生産者である社長さんがテレビ局の人を連れて来社していたので、その売れゆきを大そう喜んで下さった。


忙しい原因を探した。
その1つはマリファナ ビジネスのコンベンションが有ったからだと思う。


マリファナ(大麻)はネバダ州でも解禁されてしまったので、タバコ屋と同じ感覚でマリファナ ショップが街にある。
オジサンは酒もタバコもやらないので、もちろん薬物にも手は出さない。
しかし、最近はスイーツ マリファナなる物もあり、チョコレートやキャンディー、クッキーの中に入っているのでタチが悪い。
子供が間違えて食べたり、ペットの犬が誤食して病院に担ぎ込まれる話しもよく聞く。


「薬物は薬物」なのでやめた方が良いと思うが、容認し使用を許可する州は増えている事も事実だ。
ネバダ州も許可したので、今回大々的に1万人レベルのコンベンションを開いた。
参加するのはマリファナ ビジネスにたずさわる人達だ。


さすがは罪の町(Sin City)である。


いくらタバコより健康被害が無いと言っても、ラリって運転されたり仕事されたら困る。
現実逃避のクスリであるなら残念だ。


アメリカのキリスト教精神の欠落の結果であろうか。
信仰と愛に酔い、精神的な悟りと人格的成長の感動に酔う事も無く、肉体的な快感で誤魔化しても後が虚しいとオジサンは思うのだが。


この新興ビジネスは、かなり羽振りが良いらしく、高級レストランでガンガン金を使ってくれたようだ。
オジサンとしては複雑な思いである。
銃のコンベンションもよくベガスで行われるが、もっと未来志向で健全なコンベンションで賑わって欲しいものだ。


おかしなものでマリファナが許可されていても、使用は家の中でのみで外で吸ってはいけない。
ホテルなどの従業員は薬物検査が引っかかると就職出来ない。
最近は尿検査だと他人の物を使う場合があるので、頭髪で調べるそうだ。


何でもOK では無いことが、まだ救いかな。


そういえば常習者の知人は、最近髪を剃ってボウズにしていた。
日本から来られる方は、手を出してはいけませんよ。
チョコレート マリファナは捜査犬が一発で見つけるそうですから空港で捕まります。


今週は何となくマリファナ臭いベカスでした。

渋柿や 馬鹿の薬になるまいか

久し振りにLAに帰った。
基本月1で帰っているが、今回は長く感じた。
奥さまが最近オジサンの体調が良くないのではないかと心配してくれたが、思い当たるフシがある。
10月31日のハロウィンの為にチョコレートやキャンディーを買って、仮装した子供達にあげようと待っていたが誰も来ず、余ったお菓子を全部食べてしまったのだ。
糖尿のボーダーなので、自分ながらに馬鹿だなと思う。


引っ越す前はそれなりの住宅地だったので「Trick or treat」の声を聞くことがあったが、今はゲート付きのアパートなので訪問する子供達は無かった。


年を取ると甘過ぎる菓子は身体に良くない。
菓子の字の如く果物ぐらいの甘さが丁度良いのであろう。


昔の人はこの時期は渋柿を甘い干し柿にして、甘さへの渇望を満たしていたようだ。


昨日奥さんと日系マーケットに行ったら、干し柿が売っていた。
干し柿を見ると昔の女性の友人の言葉を思い出す。
「三島由紀夫によると、おしゃべりな女を黙らせる方法は干し柿を食べさせておくけば良い」との事だったのだ。
文学少女の彼女が三島氏の本から見つけたか、テレビか何かの座談会での言葉だったのか定かでは無いので本当かどうかは疑わしい。


一つ買って帰って食べたが、確かに懐かしい味だ。
不思議な事に甘柿を干しても、この渋柿から作った干し柿の甘味には敵わないそうだ。


渋柿は干し柿にする以外には、焼酎に漬けて食べる方法もある。
実家が農家だったので、渋柿を焼酎につける手伝いをした事を思い出す。


正岡子規が弟子をからかって「渋柿や 馬鹿の薬になるまいか」と言う歌を詠んでいるが、渋柿は頭を勝ち割れれたようなインパクトがある渋みである。
甘柿と思って渋柿を食べてしまった時の衝撃的な渋みは、今でも脳裏に焼き付いている。

甘柿と思って食べるので、あたかも「明日のジョー」に出てくるクロス カウンターのように、えぐり込むように渋さが顔面を打ちすえるのだ。


なんで子供の頃よく間違えて渋柿を食べてしまったのか考えた。
記憶の扉を開いて行くと、どうも誰かが「セイちゃん、コレ甘柿だから食べてみな〜」と渋柿を渡されたような気がする。
オジサンの推理が正しければ兄だったのではなかろうか。


確か2,3回引っかかったオジサンもずいぶん馬鹿である。
渋柿は馬鹿の薬にはならなかったのでようだが、眠気を覚ます薬ぐらいには良いかもしれない。


そんな渋柿を美味しく食べる方法を探し出した先人の知恵に頭が下がるのであった。


 澁柿やあら壁つゞく奈良の町 -子規-


故郷の情景に、柿は良く似合いますよね。