砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

UBER初体験

今回はLos Angeles に飛行機で帰る事にした。
先回は車でドライブしたが、さすがに疲れが溜まったので今回は飛行機にした。
ベガスの空港は会社から15分と言うのも魅力だ。
全米でも町のど真ん中に空港があるのは珍しいかもしれない。
他の空港との違いはもう一つある。
搭乗口までスロットマシーンがあるのだ。


「飛行機が来るまで金おいてけ~」と言う事か。
このスロットマシーンは昔は横にあるレバーを引いて回していたので「片腕のギャング」と呼ばれていたそうだ。


ベガスを出るまでは有り金をはたいて欲しいのだろう。


時間があったのでウロウロして、目に留まったのは犬のマークの部屋である。
犬が飛行機に乗るのかと思ったが、我が社の愛犬家によると小型犬なら一緒に乗れるそうである。


その為の部屋なのだろうが、何もそこまでとも思う。


ユニクロのULTRA LIGHT JACKETの自動販売機があるのも驚かされた。


さてLONG BEACH AIRPORT に到着して、初めてUBERを使った。
いや~便利な物である。
スマホの中にアプリが入っているので行き先を入力すれば、UBERに契約している車がすぐ来てくれる。
あらかじめ車種とドライバーの顔写真が出て来るので、その中から選べることが出来るし、マップで経路と金額がスマホに出て来るのでごまかされる心配は無い。
何よりもUBERシステムの方でクレジットカードから自動引き出しなので何かと安心だ。


これではタクシーを使う人はどんどん減って行くだろう。
日本で言うところの違法の白タクを合法化したようなものだが、かなり高度にシステム化している様に思える。


UBERを使い終わると、直ぐにスマホにUBERシステムからドライバーの評価やコメントが求められるのも企業努力を感じさせられる。


オジサンはタクシーには日本で悪い経験があるので、人の車に乗るのは好きでは無いが,UBERにはかなりの好印象を持てたと思う。


実はオジサンにもUBERからドライバーのお誘いメールが来ていたが、引退後の小遣い稼ぎには良いかなと思っている。


まあ、その時にまだ運転技術が衰えてない事が前提だが。

事件がありました。

午後2時頃。営業中にホテルの駐車場から出ようとしたら、何台ものパトカーが頭をピカピカさせながら出口の周辺をブロックしている。


何をしているかと思えば、車で逃げようとした犯人をパトカーで取り囲んで、お縄にした瞬間だった。

真ん中で腕を後ろに回して、手錠をかけられているのが容疑者だ。


何の犯罪か家に帰ってからネットで調べたが、殺人、麻薬、誘拐と今日一日だけでゾロゾロ出てくるが、これが何の事件だったかは未だ分からない。


ざっと見たところパトカーが20台ほど集まっているので、かなり凶悪であろう。
警察犬もウロウロしているので麻薬も絡んでいるかもしれない。

Las Vegasは大きく分けて5つの地域に分かれている。
大まかに分けると南北に走るハイウエー15と東西に走るハイウエー215で分けられる。
犯罪が多い地域はEASTとNORTHである。
NORTH WESTが高級住宅が多く、比較的安全なエリヤで町も奇麗だ。
SOUTH WESTは新興住宅エリヤで新しい街がドンドン出来ている。


オジサンも何処に住もうか迷ったが、少し高くても安全性を重視してNORTH WESTにした。
アメリカではどこに住むかは非常に重要だ。
地域によって学校のレベルも違うが、車のインシュランスのプライスも違って来る。
保険屋さんは町の名前でインシュランスの値段を変える事は差別になるので出来ないが、住んでいるエリヤのZIPコードによって値段を決める事が出来る。


少々高くても、インシュランスの事や安全性を考えたら地域を選ぶべきである。


「孟母三遷」では無いが、子供がいる家庭では近所でどんな友達を作るかによって子供の成長に影響してくるようだ。


日中は仕事上あぶない所にも行かなければならないわけだが、せめて仕事が終わったら心が落ち着く所でゆっくりしたいものだ。


しかし、昼間の事件は銃撃戦にならなくて良かった。
もろに目の前だったので流れ弾にでも当たったら一大事でした。




ユダヤ人と日本食

先日ネットニュースを見ていたら青森県の新郷村(旧戸来村)で行われたキリスト祭の記事が目に入った。
なぜかここに「キリストの墓」があり、この墓の周りに円を描いて「ナニャドヤラ」の盆踊りを歌い踊る。

地元の年寄りでも意味は分からないそうだが、古代ヘブライ語(ユダヤ語)に照らし合わせると進軍歌になるそうで、


ナーニャード・ヤラヨウ(御前に聖名をほめ讃えん)、ナーナャード・ナアサアレ・ダハアデ・サーエ(御前に毛人を討伐して)、ナーニャード・ヤラヨ(御前に聖名をほめ讃えん)と言う意味になるそうだ。


日本の祭りにある意味不明の言葉も古代イスラエル語に照らし合わせると意味があると聞いたことがある。
(日本語) (ヘブライ語)
ヤッホー!  =ヤッホー!(神様)
ヨイショ!  =ヨイショ(神が助けてくださる)
ワッショイ! =ワッショイ(神が来た)
などがある。
オジサンとしては現実世界にさほど関係ないのでどうでもよい事だが、
ラスベガスの家の隣に住んでいるのがユダヤ人家庭なので機会があれば話の種に聞いてみよう。


1年前まではパーテー好きなユダヤ人家庭が住んでいて夜遅くまで騒いでいたが、今はその友達家庭が代わって住んでいるようである。
今度のユダヤ人家庭は打って変わって信仰的で正統派ユダヤのカルチャーを守っているようだ。夜も静かで助かっている。


買って来る食品をチラッと見たが全てコーシャ商品である。

このコーシャマークはユダヤ教戒律に適合したものである事を示してます。


先回オジサンはハリウッド方面でビジネスしていたと話したが、正確に言うと隣のビバリーヒルズからメルローズ、サンタモニカまでのウエスト ロサンジェルス が担当だった。


この辺はユダヤ人が多く住んでいるが、彼らは大の寿司好きである。


一度ユダヤ人の友達にコーシャの食品店に連れて行かれた事がある。
そこでユダヤ人のデリカテッセン(西洋風総菜)を食べさせてもらったのだが、なんか懐かしい味がした。
味付けが甘酢なので、なんかお寿司の味に似ているのだ。


色んな土地を移動しなければならない民族の歴史故か、酢漬け食品がソールフードになったのかもしれない。
それゆえにか、ユダヤ人は日本の寿司が大好きだ。


ビバリーヒルズにはユダヤ人オーナーの寿司屋もあるぐらいで、これがまためんどくさい。
ユダヤ教ではヒレと鱗のあるものは食べてもよいが、エビやカニなどの甲殻類・貝類・タコ・イカなどは食べられ無いことになる。
また、鱗が目立たないウナギも食べられないとされている。
(実際は世俗化した人も多いのでガンガン食べている)
ユダヤ人のパーテーがあって冷凍のサクマグロを使う事になったのだか、当然ウロコも皮も取ってある。
マグロは皮もウロコも付いている魚なのでオーケーかと思ったら、ラビ(ユダヤ教の先生)がサクにも皮(ウロコ)が無いと使ってはダメだと言うのだ。


元のマグロの写真を見せて何度か説明しても納得してもらえない。
しょうがないから冷凍のサクに生の皮を付けて出したらやっとオーケーしてもらえた。
(これで本当にいいのかい~と思った)
なかにはマグロの皮に混じってサーモンの皮を付けたりしたが、皮(ウロコ)が付いていれば何でもオーケーなのである。


キッコーマンの醤油などにも、しっかりコーシャマークがある。


この方面の日本食ビジネスはユダヤ人で持っていると言っても良いぐらいなので、
ヨム・キプルなどのユダヤ教の断食の期間は寿司屋は店を閉めた方が良いと思うほど暇になる


だからオジサンにとってはキリスト祭りのハヤシ言葉と古代ヘブライ語の関係より、ユダヤ人と寿司の関係の方が仕事上重要なアジンダとなっているのだ。


今度、隣のユダヤ人家庭に「お前たちは寿司は好きか?」と聴いてみようと思う。