砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

七つの社会的大罪

理念なき政治 (Politics without Principle)
労働なき富 (Wealth without Work)
良心なき快楽 (Pleasure without Conscience)
人格なき学識 (Knowledge without Character)
道徳なき商業 (Commerce without Morality)
人間性なき科学 (Science without Humanity)
献身なき信仰 (Worship without Sacrifice)


ガンジーの「七つの社会的大罪」をフェースブックで見つけたのでシェアーしたところ長男が『いいね』をして来た。
日本語の日常会話ぐらいは出来ると思ったが、漢字を意外と読めるんだと感心した。(日本語だけの名言だったので)


ガンジーの名言の一つである。
ややもするとこうした名言を自らの戒めとするのではなく、他者に対する批判、政治、社会批判に向けようとする方達が少なからずいる。


聖書やブッタの教え、また様々な名言にしても、まずは自らに律し、人格形成の為に使うべきであろう。
オジサンも「労働なき富」と言う聞こえのよい誘惑に弱いかもしれない。


ここにある政治、富、快楽、学識、ビジネス、科学、信仰は私達の生活に密接に関連する事項であるから、一つ一つをしっかり見つめ直す事は大切だ。


あえてオジサンが付け足すとすれば
公正なきマスメディアかな。
第四権力と呼ばれるメディアは政治、社会の歪みを正す力にもなれば、「フェイク ニュース」で世を惑わすモノになる場合もある。
人か書いている物だから間違えもあるだろうが、社会的影響が大きいだけに、そこに良心、人格、道徳に加え公正さが必要になる。


最近は新聞、テレビ離れが進みネットで情報を拾うようになったので、前よりバランスが取れるようになったかなと思う。
いずれにせよ10年後には新聞は将来無くなる物の一つに数えられている。


オジサンはMSNニュースをよく見るが、朝日、毎日、産経、読売など左派、右派各社入り乱れて記事を見る事が出来るので便利だ。


実はオジサンの家はテレビを見ない。
テレビはリビングにあるが息子達は中学生から見ていない。
もっぱらインターネットだ。
トランプ大統領に対しても色々な評価があるが、噂のレベルでは無く政治的実績に評価を置いているようだ。


社会学者マックスウエーバーが政治権力を握る者に必要なエートス(倫理感)を言及している。
そうしたエートス(倫理感)を世の指導者が発揮して下さる事を期待するオジサンでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。