砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

鏡に映る自分は真実か⁉

昨日は風邪をひいてしまって早めに寝た。金、土曜日は2時起きという過酷な魚屋の宿命があるので早く寝るしかなかった。
風邪をひいても朝4℃の冷蔵庫で働くのも魚屋の宿命である。魚屋は魚に優しく人に厳しいのだ。若者が入社しないのもわかる。
クシャミと鼻水程度なので一晩で回復するために色々必殺技を使い、今日は何とか良くなった。全ては睡眠と根性だ。
土、日は全米責任者会議でブログを書けそうも無いので今日は書いておこう(基本、日記なので)


ブログは日常の出来事、想い出、経験などを書くので、どうしても個人情報が漠然としてでも出てくる。
奥様が「そんなに私生活を暴露して、アナタは芸能人かい!」と言われるが、ブログとはそういうものだ。
芸能人と言えば、オジサンは10年ほど前に「OOさん、芸能人の誰かに似てますよね。言われた事ありません?」と仕事仲間に言われたことがある。
「え!だれだれ?誰に似ているの?」とオジサンは似ていると言われる芸能人の名前を興味しんしんで尋ねた。
芸能人と言われると大抵はカッコイイ1枚目を期待するものである。


彼から「森本レオに何となく似ているよ」と言われ、芸能界音痴のオジサンは、はじめ誰か分からなかった。「ジャニーズの中には居ないよな」と思いながら、ネットで調べると「あ~彼か~」と知らない顔では無かったが、何となく期待とは違った。


しかも当時、森本レオさんはテレビの「ショムニ」で井上庶務二課長を演じていた。
社内でも家庭でも存在感が薄く、会社で猫の世話ばかりしている情けない役である。


大学生の時はなぜかスタートレックのミスタースポックに似ていると言う友人がいたが、コチラは宇宙人だ。中学生の時はカラスに似ていると言われたこともある。もはや人ですらない。


人は自分の顔がどう見えるか分かっているようで分からない。
鏡に映る顔は極めて一面的な物である。なぜかって?だってよく見える顔にして鏡を見るからで(写真も同じ)、かえってショウウインドーに何気なく映る自分の顔や姿の方が真実に近いかもしれない。
他人から見る自分は、顔のみならず雰囲気、態度、性格をひっくるめて認識されるので、役者が役柄によっては別人に見えるように、顔だけの認識では真実ではない。


芸能人に似ていると言われても、芸能界も広いのでお笑いタレントまでジャンルを広げると微妙である。
奥さんが、ある人に「旦那さん、よくテレビに出てくる俳優さんに似てるわね~」と言った。大抵俳優と言われればカッコイイ方をイメージし易いが、そのテレビに出る俳優は悪い役が多い、知能犯だったり小ズルイ役なので「よく、そう言われます」と返されると、気まずくなって話を他にそらさなければならなかった。


ウチの会社にもある芸能人にそっくりな人がいる。「君、この俳優に似てるね」と写真を見せると「確かに、似てますね~」と言いながらも、あまり嬉しそうではない。オジサンは名前までは覚えていないが面白い役柄をこなす人なので良い俳優ではないかと思うのだが、やはりジャニーズ系に似てると言ってあげた方が若い人は喜ぶのかもしれない。


『真理は人を幸せへと導くが、真実は必ずしも人を幸せにするわけでは無い』

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。