砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

ギックリ腰になってしもうたわい!

ギックリ腰になってしまった。
痛さを5段階で表現すれば2.5のレベルだ。
本マグロを車に詰め込む時、重い物を持ちながら、かがんだのが良くなかった。
早朝、冷蔵庫の中で作業する魚屋の職業病のようなものだ。
従業員が2人休んだので穴埋めで手伝ったのが裏目に出た。中小企業の悲しさよ~。


動けないレベルでは無いのでアヒルのような歩き方をしながら動いていたが、身体の重心が不安定な為疲れ倍増、早めに帰る事にした。
単身赴任の辛い所で帰っても食べる物は無い、オジサンは自分を憐れみランチに寿司でも食べて帰る事にした。
お客様であり懇意にさせて頂いているお店に寄った。週二日だけランチOPENしていて夜は高いがランチは$10(約千円)で食べれる。15貫でクオリテーは最高です。

      

そして、家に帰って横になった。
腰が痛いと仰向けになるのもキツイ、体勢を色々変えながらなんとか休めた。


5PMからNEW YORKのHQと全米のネット会議がある為また会社に行かなければならない。
NEW YORKは大寒波で5日間ぐらい大変だったそうである。ほどんど仕事にならない。
もっと寒いのがミネソタ州のMINNEAPOLISで、摂氏でマイナス20度(華氏-10)外では鼻水もオシッコも凍ります。
寒波の中の支店の苦労話を聞いてると頭が下がる。オジサンの腰の痛さなど比べられない苦労である。寒い所で働いている皆様、本当にご苦労様です。


「ラスベガスの天気はどうですか?」なんて聞かれるとドッキとする。昼間は半袖でダイジョブな位に暖かいのである。申し訳ないぐらいに住みやすい所です。
雪なんて三日前にマウント チャールストンに少し積もったぐらい、ベガスっ子はここでスキーを楽しむ。



今週はボストンも福岡も寒波で魚が取れない、あるいは交通機関が麻痺したりと散々な状態であった。魚の仕入れも担当しているのでストレスである。


ともあれ1年で一番忙しいと言われるCESコンベンションも終わったし、少し気が抜けた時にギックリ腰になったのは年末年始のストレスと生活の乱れもあったかもしれない。


ギックリ腰の治療の仕方をググってみると、身体は動かした方が良い、リラックスと書いてあるのでこの週末はリラックスモードでいきます。


ブログもストレスにならない程度でグダグダしながら書いてるオジサンでした。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。