砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

格差社会

このクリスマスはぜんぜんプレゼントが来ない。
オジサンも何もあげて無いのでしょうがないが....。


「この前のブログで要らん事を書いたので、うるせ〜ジジイだ!プレゼント無しだ!」となったに違いないと奥様が言う。


諸行無常の風が吹く。


クリスマス前でSin City は静かであるが、ホテルでは時たまVIP パーティが入る。


「カネに糸目を付け無いからなんでも持ってこい!」と言われたので。
まずは大間の本鮪だ!この時期はムチャクチャ高い。地中海本マグロの5倍!


氷見の寒ブリ。脂のってるよ。

北海道から毛蟹


その他のにも活けの伊勢海老、5万円の北海道ウニなどコレでもか!と入れてみた。


VIPは誰ですか?と聞いたが「そのお方の名は、口にしてはならない!」と言われた。
しかしまあ、一人いくらのデナーパーティなんだろう。


お店からの帰り道にホテル内に出来た新しいプラザに寄ってみた。


ここにOpenしたイタリアンレストランでも日本鮮魚を使いたいそうなのでミーテングしてきた。本店がウォール街にあるそうだ。



何と上にはUrth Caffe もある。


華やかな世界から、オジサンのアパートにかえり、売れ残った小鯛を塩焼きにして食べる。

アメリカンとの共同生活で魚焼くのは大変なんですよ。


高級な物を財布を気にしながら食べるより、「まあ、こっちの方が気楽でいいか」と思ってしまうところが埋められ無い格差なんだろうな〜。


でも大間の本鮪は出荷前に少し味見して見ました。
ヤッパリ高いだけあって美味しいわ〜!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。