砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

箱根にて

実はオジサンは静岡生まれだが箱根観光ははじめてだ。

神奈川県側と言えども御殿場からの距離を考えるとかなり近い。

来週は茨城の片田舎で一人暮しの奥様の母の家で大掃除が待っているので、僅かばかりの観光旅行をしている。


旅行と言うと「知らない町に行ってみた~い、ど~こか遠くに行ってみ~たい」のメロデーが頭を流れ北陸や東北の旅を計画したが、やっぱり近場でも知らない町はまだまだあるので箱根にした。


「デスカバー地元」と言うことで、成田空港から鎌倉、箱根を経て静岡の実家に、向かっている。

もちろん奥様にとっても箱根は初めてである。


この年で海賊船は無いだろうと思ったが乗った。

3


ポーラ美術館の林を見ながらお茶をする。


ガラスの森美術館へ。

ここで思いがけずもモンゴルの馬頭琴アーテスト セーンジャーさんの演奏を聴くことが出来た。

何とも懐かしく感じる音色であった。

郷愁の想いにかられると言うことは、先祖にモンゴルの血があるのだろうか。

CDも買ってしまった。


最後は箱根美術館。

癒されるね~ヤッパリ日本人だね~。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。