砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

時代の流れ

今日は日本に帰省するためのAir plain tiketを買った。


二か月後なのでまだまだ余裕と思っていたが値段かドンドン上がっている。
特に人気のある飛行機会社がイッパイになっているようである。


ここ数回はANAで帰るようにしていたが、今回はユナイテッドになってしまった。


「火曜日出発が一番安いですよ」と言われたが、息子に行きと帰りの空港ピックアップを頼めるので土曜日か日曜日の出発が都合が良い。
一度タクシーで空港まで行ったが100ドルだった、しかし息子なら小遣いぐらいですむ。


10月の日本行きがこんなに混むとは知らなんだ。何かイベントがあるのだろうか。


今回ビックリしたのはチケットを販売していた旅行代理店の広告が情報誌から随分と減っている事である。
以前は所狭しと各社入乱れて広告を出していたが、今回は探すのにも時間が掛かった。


やはりインターネットで飛行機チケットもホテルも自分で取れる時代になってしまっからだろうか。
かく申すオジサンも旅行会社は参考にすれども直接ANAのウエッブに入ってチケットを購入した。
ホテルもこちらからウエッブで探して予約している。
便利な時代になったもんだ。


先回書いたようにアパート探しもウエッブで探せるし、物を買うにもアマゾンを使う機会が増えている。
チケット販売を生業としていた旅行代理店や小売業が生き残って行く道が険しい事を痛感する。


最近、弊社のニューヨークの支店では日本鮮魚をネット注文するプロジェクトを軌道に乗せているが、これが時代の流れなのかもしれない。


物流革命は我が社の門口まで来ているようですな。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。