砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

だらけた土曜の午後

今週は実に忙しかった。


世界的に有名なシェフが2人もベガスに来られイベントを行われる事となった。
築地と福岡から色んな食材を集めなければならなかったのだが、折しも日本はゴールデン ウイーク明けで、市場に鮮魚がまだ十分集まっておらずかなり高騰している。


ホテルのイベントなので変更が可能なわけでもなく頭を抱えたが、何とか希望の食材は揃える事が出来た。
金に糸目は付けないと言うので、高級食材の甘鯛、アカムツ、活けの車海老を始め、黒アワビや北海道ウニ、北海タコ足などかなりの量を仕入れた。


築地と福岡の支店に頑張ってもらい何とか揃える事が出来たが、日本とは時差があるので夜の無くLINEでやり取りするので気を休めれない週だった。


来週も、ある国の政府要人がかなりの人数でベガスに来るそうで特殊商材をかき集めなければならないが、VIPが来る時期はこうも重なる物なのだろうか?


エッと驚くような有名人やスターが普通にお店で寿司を食べているのもベガスの特性であろう。
今日は一段落着いたので、緊張の反動でダラケタ土曜の午後をゆったりと満喫している。
何をする訳でもなくグタグタ、ゴロゴロだ。


幸い天気が良いので庭のプール脇に椅子を出してボ~と青空を見ながらレモンティーを飲んでいた。

今日は比較的涼しいが、来週から35度(華氏95度)になるらしい、本格的な砂漠の夏が始まる、
今日はYが食事当番で夕食はメバチマグロの落ち身とサーモンと鯵の焼物だ。
朝の仕事が終わった後にマグロの骨についている身をスプーンでかいていたが、この夕食のオカズだったのか。
やはり60歳を超えると魚料理が嬉しい。魚屋でよかったな~と思える数少ない瞬間だ。



最後は静岡から持ってきたやぶきた茶で終わった。


お茶は渋めがいいね~。
「やっぱオジサンは日本人だね~」と思える土曜の午後だった。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。