砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

飛行機で1時間のMY HOME。

先の週末LAの家に帰ったが、今回は初めて飛行機を使った。


通常ベガスからロスまでは車で片道4時間半だが飛行機だと約1時間。
経費は行き帰りのチケットで86ドルだった。これは安い。


プリウスのガス代は行き帰り50ドルで済むが、事故やスピード チケットを切られる心配がある。
飛行機は待つ間も、乗ってる間も紅茶を飲みながら本を読めるのが良い。
なんで早く飛行機にしなかったのか、我ながら疑問である。


そろそろ飛行機にしようと思ったのは60歳を超えて体力的な自信がなくなって来たからである。
朝3時に起きて9時まで6時間働き、それから4時間半の運転をするのは60歳になったオジサンがやる事ではない。
プリウスも中古車だが、オジサンも中古車だ。
中古車には中古車の扱い方がある。


いたわって使わなければ砂漠の中で立ち往生する。
ましてや夏になれば120℉(49℃)を超えるネバダ砂漠だ、車も人もバテてストレス倍増である。


今までの習慣的行動を変えてみるのも色々と発見できるものである。


使った飛行機はJET BLUE だがUNITEDやAMERICAN AIRだと400ドルだ。


何かどう違うか比べてないので分からないが、たった1時間の飛行時間でサービス面が違っても安い方が良い。
飛行場もLos Angels  Air portではなくLong Beachだ。タラップで飛行機にのるローカル感が好きだ。.


今回飛行機の中で読んだのは百田尚樹氏の『逃げる力』である。
暴言王なので好き嫌いが分かれるかもしれないが、なかなか面白かった。
こうゆうとき読む本は、あまり固い本でない方が良い。



自分も逃げるのが嫌いな性格なので、気付いた時にはかなりストレスをためて病気で倒れた事が2度ほどある。


仕事や人生に玉砕は避けて、しぶとく生き残るために「積極的逃走」「積極的撤退」は必要だと思う。


事に失敗したら深みに入る前に、立ち止まり、反省し、改善方法を見出す事が出来る力はビジネスの世界では必要となる。人生も同じだ。


中古車で疲れたオッサンが灼熱の砂漠を長時間運転す危険行為をやめる事も、過去の習慣的行動からの『逃げる力』かな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。