砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

ミッション ステートメント

2ヵ月前にオジサンの会社で全米の年次総会があったが、ゲストスピーカーとしてクリント イーストウッド..?......に似たような名前の先生が来られた。
先祖の中には3人の大統領を輩出した血統があるそうです。


イーストウッド先生は会社のミッション ステートメントの重要性について語られた。
ネーテブの英語は65%ぐらいしか理解できなかったが、面白かったのは合衆国憲法の話であった。


細かい事は覚えてないが、国の憲法は企業で言うミッション ステートメントにあたり、その国の「核」であり、その形を作る。


米国合衆国憲法 前文
われら合衆国の人民は、より完全な連邦を形成し、正義を樹立し、国内の平穏を保障し、共同の防衛に備え、一般の福祉を増進し、われらとわれらの子孫の上に自由のもたらす恵沢を確保する目的をもって、アメリカ合衆国のために、この憲法を制定する。


「我々の子孫の上に自由のもたらす恵沢を確保する目的」の理念から国はズレてはならないのです。


諸事情の遠因はあるが南北戦争も本質的にはこのズレを正す戦いであったし、キング牧師の公民権運動も憲法が述べる「自由のもたらす恵沢」からのズレを正しすものであった。


会社組織も同じで会社のミッション ステートメントからズレはじめてた時に危機が訪れるとの事であった。


ミッション(mission)とは、企業と従業員が共有すべき価値観や果たすべき社会的使命などを意味する。
従来の「経営理念」や「社是・社訓」がこれにあたり、そうした自社の根本原則をより具体化し、行動にする指針・方針として明文化したものを「ミッションステートメント」というそうだ。


なるほど、なるほど。


幾つかの企業のミッション ステートメントを調べたが、どれもこれも素晴らしいものだった。
色々と有名企業を調べたが、中でもトヨタのミッション ステートメントが分かり易かった。


  1. 内外の法およびその精神を遵守し、オープンでフェアな企業活動を通じて、国際社会から信頼される企業市民をめざす
  2. 各国、各地域の文化、慣習を尊重し、地域に根ざした企業活動を通じて、経済・社会の発展に貢献する
  3. クリーンで安全な商品の提供を使命とし、あらゆる企業活動を通じて、住みよい地球と豊かな社会づくりに取り組む
  4. 様々な分野での最先端技術の研究と開発に努め、世界中のお客様のご要望にお応えする魅力あふれる商品・サービスを提供する
  5. 労使相互信頼・責任を基本に、個人の創造力とチームワークの強みを最大限に高める企業風土をつくる
  6. グローバルで革新的な経営により、社会との調和ある成長をめざす
  7. 開かれた取引関係を基本に、互いに研究と創造に努め、長期安定的な成長と共存共栄を実現する

この上記の経営理念が作られるまで、創業以来のトヨタ経営の「核」となってきたモノは豊田佐吉の遺訓としてまとめられて、1935年10月30日に世に出した「豊田綱領」です。

http://www.toyota.co.jp/jpn/company/vision/philosophy/


オジサンは今使われているより、昔の豊田綱領の方が分かり易くて好きだ。
創業者の理念が、まさに企業のDNAとして受け継がれていると言えよう。


しかし、非の打ち所がないミッション ステートメントを持ちながらも経営不振に陥ったGM(ゼネラルモータース)の様なケースもある。


ドラッカーが「どれだけ素晴らしいプランであっても実行されなければ単なる良き意図であるにすぎない」と言われている様に、壁に飾っているだけなら意味がない。


最近では企業のみならず、個人的なミッション ステートメントを作る事を勧めているという。自らの価値観や原則を明確にして、人生の構成図を作ると言うわけだ。


個人のみならず、家庭単位でもミッション ステートメントが必要かもしれない。
昔は家に掛け軸などにそういったものが書かれて客間に飾ってあった。
オジサンの実家にも確か「終始一貫」と書かれた掛け軸があったような気がする。


オジサンはこの「豊田綱領」をそのまま家庭的ミッションステートメントとして、子供たちの教育に使っても良いではないかと思っている。


息子達は機械工学やコンピューター サイエンスなどの技術屋の道を歩もうとしているので、あの世界のトヨタの理念の核に「神仏を崇拝し、報恩感謝の生活をなすべし」という内容があるのは驚きではないだろうか。


しいて言えば、ついでに「部屋の掃除、片付け」と「老父母(オジサン達夫婦)を大切にする」を付け加えるともっと良いかな。

女性が輝く時代

男性は年を取ると段々細く弱って行く傾向があるが、女性は若い時は弱いと思っていても年と共に強く太くなって行くケースがある。
コレをオジサンは「男損女肥の時代」と読んでいる。男性が損して、女性が肥えるのだ。


確かに、昔に比べて女性の権利や主張が強く成って来ているが、生物的にも強くなって来ているのではないかと思う。
中には年をとっても女性らしさを失わない方もいらしゃるが、「アレ、この人が昔あの恥ずかしがり屋の彼女?」と思ったりする。


この前、オジサンの息子達が子供部屋で「あのビックマムは...」と話し合っているので誰の事かと思ったら、近所にいる大柄な元気なオバサンの事だった。


前に怒られたことがあるのでマンガ「ワンピース」に出ている海賊の女皇帝「ビックマム」を連想したのだろう。


いつも元気でボス的存在で、身体もデカイ。世話好きで実力もあるが、我も強い。
「我」という言葉は上に「羊」を付けると「義」になるので目的性によっては「義人」になる。
こういったオバサンはどこのコミュニテーにも1人はいるモノだ。PTAとか町内会とかに必ずいる。女性で政治家をやるとなると強い女性でないとやっていけないと思う。
そこで、「女性ジャイアン」と言うか「ビックマム」と呼ぶか別にして、身近にいる「仕切る強い元気なオバサン」を研究してみた。


先ずは中国4000年の歴史を持つ四柱推命から見ると「比肩」を持つ人が多い。
比肩の性格
比肩星を持っている人は、初志を貫くタイプの人で自分が決めた目標に向かって懸命に努力します。


但し、協調性に欠け、人のペースに合わせることはほとんどなく、あくまでも自分のペースを保って行動するといった頑固で独立独歩のマイペースなタイプです。


また、自由であることを望み束縛を嫌う性格ですから、それがたとえ親、上司、先輩といった年上の人であったとしても人から干渉される事を嫌がり、人が言うことを素直に受け入れない頑固なところがあります。


ところが、自由にさせてくれるあまりうるさくない上司や先輩の場合には力を発揮しやすいようです。元々、人をあまりあてにせず自分でやれる事は自分でやるタイプですから自分のペースをつかんで仕事や作業が運んでいくと良い結果を残します。


自尊心が強く負けず嫌いで人の好き嫌いも激しい方ですから、あまりにも頑固で独立独歩という性格が強い人の場合は会社等の組織には不向きな人もいます。
http://www.shichusuimei.saloon.jp/tsuuhensei/hiken.html


要は親分肌で、我が道を行く、人の話は聞かないワンマンタイプである。
「比肩」がある有名人で例を挙げれば「ハゲ~」の言動で騒がれた豊田真由子議員がいらしゃる。
興味がある方は下記の四柱推命で



更に星座が牡牛、獅子、サソリ、射手座などの毒があったりアブナイ星座。


そして干支は虎、龍、蛇、猪などの獰猛で危険な干支。


おまけに血液型が「我が道を行く」B型となればもう「ビックマム」確定でしょう。


もし、あなたの彼女か奥様がこの条件を満たしていたら、逆らってはいけません。
ただ柳の様に、風に揺らぐ葦の様にしなやかに生きる事です。


え!オジサンの奥さん? 美人が多い「傷官」、蟹座で羊年だから問題な~い。
猪の様に突進してこないし、サソリの様に刺さない。
蟹は横に右往左往するのだ。
オジサンは戌だが1月生まれなので旧暦では鶏だ(四柱推命は旧暦を使う)。
鶏は振り返らない、前しか進めないのである。


でも、こうした元気な女性達が増える事は良い事だと思う。
安倍首相も「女性が輝く社会」と言われているが、オジサンの周りではもう目を開けるのも大変なぐらいオバサンが輝いていると思う。


きっと、もっと明るい世の中になるでしょう。









ビバ スパニッシュ(ちょっと武勇伝)

今、アメリカの飲食店や工場でスパニッシュ系の従業員を使っていない所はマズ無いだろう。
高級レストランも裏方は殆どスパニッシュ系だ。
日本食レストランも彼ら無しではまず店が回らない。実によく働いて下さる。


かく申すオジサンの会社もメキシコ、エルサルバドル、キューバなどスパニッシュ系が多い、日系高級食材を扱っているのでセールスは日本人だがドライバーやプロセシングは彼ら無しでは会社が回らない。
昔、大学生の時にスペイン語を第一外国語にしていた友人が言っていたが、発音が英語と比べて楽だそうだ。(ちなみにオジサンは中国語)
だから一緒に働いているとお互いの言葉を覚え合ってゆく。
彼らにしても日本語の発音は楽の様で色々な日常会話を覚えて行く。
「おはようございます」「どうもどうも」から始まって、
「オサムライさん」
「あっ、そうですか」「スミマセン」「ごめんネ」
「バカだネ~」「ダメね~」「早く早く!」「問題ない」「ちょっと待ってネ!」
などなど、変な日本語が毎日会社の中で聞こえている。
今流行の「そうだね~」も北海道人がいるからか、いつの間にかキャチしている。
少しボ~としていると「ナマケモノ!」とヤジも飛んでくる。
給料査定の時以外は、すべてがアミーゴのカルチャーなのだろう。


日本の様に上下関係という物があまり無く、「仕事上、そりゃ無いだろう!」と思う事が多々ある。しかし、彼らがいると職場が明るく,楽しくなる事は確かだ。


今の会社は買収して始めたので、前の会社の従業員も継続して働いてもらっているが、オジサンが働き始めた時はなかなか大変であった。
彼らは役職、ポジションで従うと言うわけではなく、実力が無いとなかなか納得しない。
ドライバーなどもセールマンの実績、実力を見ているのである。もう一つは体力だ。そして働きぶりをよく見ている。
オジサンも前の会社の責任を終わらせてから、少し遅れて入ってきたので、彼らとしてはどんな奴か興味深々であったのだろう。
基本ヘラヘラしているので色々とチョッカイを出してきた。
ある時、本マグロを20分で解体する大男が突然後ろから羽交い絞めしてきた。
昔、柔道や剣道をしていた事があるとオジサンが彼らに話した事があるので、実力を試したかったのであろう。


オジサンは部活に入っていた訳ではなく、高校、大学の授業で習っただけなのだが、ただ男3人兄弟なので格闘技ゴッコはよくやっていた。
特に兄がプロレスやら柔道やらの覚えた技をかけたがるのだが、オジサンはその頃クラゲの様に身体が柔らかく、一本背負いを食らってもネコの様にクルリと立ってしまう。行を煮やした兄は巻き込みを入れてオジサンの腕が折れてしまったこともあった。
とかく、男兄弟だけだと荒々しい生活環境になる訳だ。
そういえば猪木のコブラツイストに改良を加えた「アオダイショウ盆踊り」なる技を兄が編み出していたが、あの技はどうなったのだろう。


話を戻すと、大男の羽交い絞めは色々やったがビクともしなかった。300キロの本マグを扱う腕力である。オジサンも背丈は175センチあるが大男は2メートルをゆうに越している。彼は勝ち誇ったように笑いを浮かべたが、オジサンは羽交い絞めの外し方を熟知していた。
まず、フェイントで足を賭けたりした上で前に屈む、大男は外しまいと力を込めてくる。
一挙に後ろに仰け反ると、彼の重心がわずかにズレた所で、もう一度すばやく前に頭から転がるのだ。
前かがみでは無く突然体を回転させたので、大男はたまらず前倒しになってしまった。
オジサンは柔道の受け身の要領で回転した後、直ぐに立っている。
周りで見ていたスパニッシュワーカーは「ワオー」と驚きながら歓声を挙げている。
誰も大男の羽交い絞めを崩せるものはいないと思っていたからだ。


それ以来ブルースリーとかジャッキチェンと呼ばれるようになったが、オジサンは「オサムライさん」と呼べと言った。
しかし、大男はあきらめがつかなかった。
その体力とコワオモテでワーカー内の地位を保っていたからである。


1か月ほどして、トラックの積み荷をするローデング ドックで彼は仕掛けて来た。
同じ羽交い絞めだが、オジサンが前転でハズシにかかると予想していたので、彼の重心を後方にズラして来たのだ。
羽交い絞めは「虚」を作らないと外れないので、今度は前転するフリをして身体を横にズラし足をかけて横のダンプスター(ゴミ箱)の中に倒してしまった。
固唾をのみながら見ていたワーカーは、またも歓声を挙げながら「オーマイ ゴッド!」「オサムライさん!」と喜んでいた。単純な人たちなのだ。そこが面白い。


それ以降、彼がチャレンジして来ることは無い、オジサンが来てから売り上げが倍化したので実力を認めてくれたのだろう。


今は一緒に楽しく働いている。
かの大男は、あの後以来仲良くなっている。
あだ名を「タコ八」とつけてやったら本人は大変喜んでいる。


ただ、少し気になるのは彼の前を通ると「(*´ε`*) チュ」と投げキッスをして来るのだ...。
ホドホドの付き合い方にしようと最近思っている。