砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

人間は成長しているのだろうか⁉

今日は食事を作ったりYOU TUBEを見たり、調べ物をしている内に時間が経ってしまい日記ブログは簡単に終えようと思う。


え、YOU TUBE で何を見てたかって⁉
夕食を作っていた時は「武田鉄矢の今朝の三枚おろし」面白いし為になるよ。


その後は『英雄たちの選択』「古代史ミステリー巨大古墳の国家戦略 半島危機と倭の五王」 面白かった!日本人は古代から大陸との関係で試行錯誤した来たんだな~。


オジサン歴史好きであります。
「すでに終わった事を学んでなんとする」とおしゃる方もいますが、
イエイエなんの‼ 
人は同じような過ちを繰り返していますから、学ぶものは多いですよ。


ドイツの鉄血宰相ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言われます。
かつての「その時歴史は動いた」も多くの事を勉強させてもらったが、この「英雄たちの選択」も良いですよ。
歴史は変わらないと思われがちだが、最新の研究で古代史の謎も色々解明されてきている様です。


科学技術は生活を便利にし、スマートホーン、スマートカー、スマートホームとこれからもドンドコ発展してゆくが、人間の本質的部分の成長は2000年、3000年前とさほど変わってないかもしれません。


2000年前の聖書に出てくる人々の心の動き、矛盾性、善悪の葛藤は今も共通している様に思います。
2500年前プラトンが『国家』の中で当時の若者、教師に対する嘆きを書いているが、それは現代にも共通するものです。下記は『国家』からの抜粋ですが、当時の快楽に走る青年たちを批判して


「こうしてついには、思うにそれらの欲望は、青年の魂の城砦(アクロポリス)を占領するに至るだろう。学問や美しい仕事や真実の言論がそこにいなくて、城砦が空になっているのを察知するからだ。これらのものこそは、神に愛される人々の心の内を守る、最もすぐれた監視者であり守護者であるのに」
 「まさしくそうですとも」と彼。
 「いまやそれらのものに代わって、思うに、偽りとまやかしの言論や思惑が駆け登ってきて、そのような青年の中の同じ場所を占有することになるのだ」

....


こうして、〈慎み〉を『お人好しの愚かしさ』と名づけ、権利を奪って追放者として外へ突き出してしまうのをはじめ、<節制>の徳を『勇気のなさ』と呼んで、辱めを与えて追放し、<程のよさ>と締りのある金の使い方を『野暮』だとか『自由人らしからぬ賤しさ』だとか理屈をつけて、多数の無益な欲望と力を合わせてこれを国境の外へ追い払ってしまうのではないかね」
....


「そしてこのまやかしの言論たちは、それらの徳を追い出して空っぽにし、自分たちが占領して偉大なる秘儀を授けたこの青年の魂を洗い浄めると、つぎには直ちに、<傲慢><無統制><浪費><無恥>といったものに冠をいただかせ、大合唱隊を従わせて輝く光のもとに、これを追放から連れもどす。<傲慢>を『育ちのよさ』と呼び、<無統制>を『自由』と呼び、<浪費>を『度量の大きさ』と呼び、<無恥>を『勇気』と呼んで、それぞれの美名のもとにほめ讃えながら──。 」
 
更には指導的立場にいる教師に対してもプラトンの批判は続く

「先生は生徒を恐れてご機嫌をとり、生徒は先生を軽蔑し、個人的な養育係りの者に対しても同様の態度をとる。一般に、若者は年長者と台頭に振舞って、言葉においても行為においても年長者と張り合い、他方、年長者たちは若者たちに自分を合わせて、面白くない人間だとか権威主義者だとか思われないために、若者たちを真似て機智や冗談でいっぱいの人間となる」


確かに先生のみならず、いい年した大人が若者ぶる傾向はありますね。耳が痛いところだ。


古代民主主義の問題を批判しているが、恐ろしいほど現代にも共通する内容である。
「歴史は繰り返す」のか⁉ (ローマの歴史家クルティス=ルーフス)


歴史が綴られても、人は2000年前から成長してなかったりして....。


科学技術が外的に発展している分、内的人間性の発展も必要とされる現代社会とオジサンは思う。

人生はドラマなり。

青春時代が夢なんて あとからほのぼの思うもの、青春時代の真ん中は道に迷っているばかり。
森田公一とトップギャランの昭和のヒット曲である。
突然、ふと頭に浮かんだフレーズだが、確かにそうだったな~と思うわけです。
振り返れば少年時代から道に迷い青年、壮年、中年を超えて、いまだ道に迷っているかもしれないオジサンです。人生の迷い人か⁉


何故迷うかと言うと交差点が多いのと、正しい地図が無いからです。
聖書に「盲人が盲人を手引きする」とありますが、目覚めた人(ブッタ)では無いので(昔から目が小さくて開いてないと言われる)Google Mapの様には道筋が分からない人生ですね。
まあ、はじめから全て分かってしまっていても面白くは無い訳ですが。



その交差点は二者択一の場合が多く、どちらが正しいかは結果が出ないと分からない、しかし必ずどちらかを選ばなければならない時がある。
少なくとも言えるのは「選択の動機」が正しければ後悔は無い(....さほど無いと思う)

ビジネスの成功の鍵も「選択と集中」と言われる。何を選択し、何に集中するかで決まる。人生も同じかもしれません。


その一つ一つの積み重ねが自己創造となるし、ドラマを作ってゆく。
「自分の人生というドラマの主人公は自分自身である」とカッコイイ事を昔、誰かに言われたことがあるが、小さいながらも「ハッピーエンド」、出来れば「愛と感動の物語」にしたいものである。
「コメディー」でも良いが、少なくとも「悲劇やサスペンス」にはしたくない。


こんなこと書くと奥様から「何、人生語っちゃってるのよ!」と冷ややかなコメントが来そうだが、オジサンも60年生きて来たので何か語りたいのである。
誰も聞いてくれないのだから、せめてブログで語るぐらいは許されるであろう。


感動するドラマには、「困難の中でも夢(仲間)を信じる」「苦しくても希望を失わなず」「人(仲間)を愛し続ける」の3点が入っている。
聖書のコリント第一の手紙に「いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この3つである」と書いてあるがその通りだ。


多くの日本人は宗教アレルギーがあるので「信仰」と言う言葉に胡散臭い物を感じるが
へブル書に「信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認する事である」と書いてある。
盲目的に神様や誰かを信じる祈る事では無い。
自らの夢の実現を信じ、確認する事も「信仰」である。
親がダメな(に見える)子供が将来リッパに成長する事を信じ、希望を持ち、愛し続ける事も「信仰」である。
昨日話した「陸王」の中にも、この信仰と希望と愛がある。


私も英語で「Have a faith」と息子たちに言う。「自分を信じろ」「可能性を信じろ」
と言うのもFaith(信仰)である。
加山雄三も「僕の妹に」の中で「信じる事は、愛する事さ君ならできる~」
と歌っているのも信仰と思う。


くどくなったが、残り少ない人生、迷いながらも「信じ、希望をもって、人を愛し続ければ」オジサンの人生も少しは良いドラマになるかもしれない。
今回始まったドラマ、西郷(セゴ)どんの「敬天愛人」の精神で行こうかな。

風呂に入りながら思った。

ある程度腰は治ってきたので、エプソムソルト風呂のラベンダーの香りに浸かりながら、週末見たドラマ「陸王」の余韻に浸った。


え、今頃と思われるだろうが、年末年始は忙しかったのでこの週末で纏め見したのだ。
週末は腰が痛かったので他にすることも無かったし。


オジサンは基本ドラマは殆ど見ないが池井戸潤さん原作のドラマは幾つか見ている。
「半沢直樹」も面白かったが、「ルーズベルトゲーム」や「下町ロケット」のような中小企業を題材にされると感情移入してしまう。「陸王」も同じだ。
要は「感動するドラマ」が好きなのだ。


奥様は「世にも奇妙な物語」とか「サスペンス物」「お笑い」が好きなのだが、
オジサンの周りは奇妙な物語(人)ばかりだし、サスペンスでハラハラする必要が無いほど日々の生活でハラハラドキドキしている。
お笑いもコケにされる事が多いオジサンとしては、人をコケにして笑いを取るのは嫌いである。恋愛ドラマを見るには既に枯れているのでダメだ。


どうせ見るなら、オジサンの会社も中小企業なので、汗と涙を流し苦難を乗り越えて勝利してゆくドラマが良い。「オイラも頑張ろう!」思えるではないか。


実は5年前、オジサンは以前勤めていた業界大手の会社の方針に納得できず、辞表を叩きつけて辞めてしまった。(E-MAILで送ったので叩きつけてはいなかったかな)


待遇も給料も良かったが、自分の信義を曲げてまで働こうと思わなかった。
そして、同じ志を持った人達と今の会社を立ち上げて来たのだが、新たに会社を興すことは簡単なことでは無い。
一つ乗り越えれば次の試練、一つ解決すれば次の試練と容赦なく問題はやってくる。
今はある程度の基盤も出来たが、どんなことが起こるか分からないのがビジネスの世界だ。
「陸王」に出てくる「挑戦しなければ勝ちもなく負けも無い」
「諦めずに挑み続ければ、必ず道は開ける」「しぶとく、諦めない」と言ったフレーズは、オジサン達が会社の基盤を作る為、必死で働いてきた時の事を思い起こさせる。


前の会社の仕事に比べれば苦労も多いが、やめた事に後悔は無い。
奥様は息子達が進路で迷うと「後から後悔する生き方だけはするな」と一言だけ言う。
55歳時の決断だったのでオジサンも迷いはしたが後悔しないため決めた。
まあ、それなりに成功したから良かったが、ハラハラドキドキの連続であった。
(だからサスペンスは見る必要が無い)


もう今は60なので、あまり挑戦すると命を縮めるし腰も痛くなるのでホドホドにしようと思うが、やはり「挑戦しない所には成長は無いし、感動も無く面白くも無い」と思う。
そんな事を思わせてくれた「陸王」でした。


ラベンダーの香りが良かったからかな。