砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

高麗史

日曜の朝2時ごろにブシュ~と異様な音がバスルームがら聞こえてくる。 
隣の部屋のシャワーかなと思ったが、どうもおかしい。
寝ぼけながら洗面所を見てみると、床が水びだしではないか。
どうやらトイレのウォータータンクへのパイプの結合部分が破損したらしい。
元を止めて朝を待ってから修理屋さんを呼ぼうと思ったが、教会で会った会社のボスに話したら「その位、自分で治せるぜ!」と言われたので今日は水びだしになりながら日曜プラマーとなったオジサンであった。
「めんどくさいな~」とは思ったが自分で部品を買ってきて直してみると妙な達成感がある事は確かである。


さて土曜日と日曜日は「アンゴルモア元寇合戦記」にハマって9巻まで読んでしまった。
先回主力を担った朝鮮軍(高麗)についての話をしたが8巻で高麗が30年間モンゴル(元)と戦っていた事、その後モンゴル(元)に服従してからの歴史について描かれている。
マンガなので何処までがフィクションか分からないので色々調べてみると、どうやら史実通りのようだ。
朝鮮の歴史は本当に可哀そうな悲惨な時代が多かった。


朝鮮・韓国をコリアと呼ぶのは高麗が語源のようだが、日本と違い、半島なので常に大陸の強国の影響や支配を受けて来た。


高麗王朝の時だけでも国境を接している契丹に侵略され朝貢をして属国となる。
やがて高麗の宗主国である契丹を倒した女真族の金王朝に服属したり、宗の藩属国になったりする。
そして今度は金を亡ぼしたモンゴル帝国に朝貢というように大陸の強国に翻弄される。


しかしモンゴル帝国の支配力は強く、何度かの侵略に抗戦するが国土と国民は蹂躙され「野は骸骨が覆う」という惨状となる。


これが30年続いた後に忠烈王が方針を変えて「長い物には巻かれろ」というわけでモンゴルの属国化を目指して元のクビライの娘を嫁にもらい、忠実な僕となる。
それしか高麗王朝が生き延びる道は無かったと思うが、モンゴルの内政干渉を受けて国と言うよりモンゴルの一部となり完全支配下となる。


「高麗史」には忠烈王が日本侵攻を働きかけたと記述があるが、自らのモンゴル内の地位向上の為だったのだろう。
そして日本侵略の為に軍船建造の命令を受けるが、その為に経済と人材が失われた上に、2度にわたる失敗(文永、弘安の役)で国はボロボロになる。


そしてモンゴル帝国(元)が弱体して明が起こると、親元王朝をクーデターで倒して李成桂が李氏朝鮮を建てるのだが、李成桂は出身地や支持基盤から女真人ではないかとも言われている。
こうした絶えず大陸からの侵略にさらされる事は、大陸とは海を隔てて守られてきた日本人には理解出来ない事だと思う。


韓国、朝鮮の外交政策を事大主義という。
「小をもって大に事(つか)ふるは保国の道」という意味だが「支配的勢力や風潮に迎合し自己保身を図る考え」でもある。
要はジャイアンについて行くスネ夫君のような感じだ。


モンゴルのような非道な侵略国家にさらされれば「生き延びなければならない」のでしょうがないと思う。
韓国、韓国人の民族性を理解する上でこうした民族の苦難が日本帝国の統治下のみならず、もっと長い悲惨な歴史があった事を理解しないと分からないかもしれない。


戦後韓国を復興させた韓国の朴正煕元大統領は自著『国家・民族・私』で、「我が半万年の歴史は、一言で言って退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」
「姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な封建社会の一つの縮図に過ぎない」と述べている。
朴元大統領は朝鮮史における事大主義を自覚し、自著『韓民族の進むべき道』で韓国人の「自律精神の欠如」「民族愛の欠如」「開拓精神の欠如」「退廃した国民道徳」を批判し、「民族の悪い遺産」の一つとして事大主義を挙げ批判している。
                          ≪ウキペディアから引用≫


こういうプログを書くとますます読者へるだろうな~。先ず奥様が観ないだろうし。


ともあれ民族愛を高めるために反日教育をするのは辞めた方が良い。
恨みを教育しても何も生み出すことは出来ない。


一般的な人間関係でも心の底に恨みを持つ友人は、やはり深い付き合いは出来なくなってしまうものだ。


韓国は喜怒哀楽がハッキリしていて情が深い人が多いだけに、未来志向でお互い恨みを捨てて付き合えば本当に良き友人になると思う。

アンゴルモア

「最近ブログを怠けているね」と友人に言われたが、怠けている訳では無い、サボっているだけだ。
7/4の独立記念日も何をする訳でもなくゴロゴロしていた。
ロスでは奥様と息子達が映画を観に行ったようだが、オジサンが観るために腰を上げようと思う映画は無かった。
Yuetubeやネットで色々と探したがピンと来るものも見つからなかったが、『アンゴルモア 元寇合戦記』に目が留まった。テレビアニメ化されるようだ。
原作をE-ブックで読んだがなかなか面白い。(まだ3巻)


元寇を扱った作品は幾つかあるだろうが、対馬での戦いをメインにした作品は初めてかもしれない。
3巻まで読んだが、同時にこの対馬での戦いを色々ネットで勉強してみた。


ウイッキペヂアから元寇の対馬侵略の部分を抜粋してみた。


『八幡愚童訓』によると、対馬守護代・宗資国[139]は通訳を通して元軍に来着の事情を尋ねさせたところ、元軍は船から散々に矢を放ってきた[138]。そのうち7、8艘の大型船より1,000人ほどの元軍が上陸したため、宗資国は80余騎で陣を構え矢で応戦し、対馬勢は多くの元兵と元軍の将軍と思しき人物を射倒し、宗資国自らも4人射倒すなど奮戦したものの、宗資国以下の対馬勢は戦死し、元軍は佐須浦を焼き払ったという

この時の対馬の惨状について、日蓮宗の宗祖・日蓮は以下のような当時の伝聞を伝えている。
この文書は、文永の役の翌々年に書かれたもので、これによると元軍は上陸後、宗資国以下の対馬勢を破って、島内の民衆を殺戮、あるいは捕虜とし、捕虜とした女性の「手ヲトヲシテ」つまり手の平に穴を穿ち、これを貫き通して船壁に並べ立てた、としている。


この時代、捕虜は各種の労働力として期待されていたため、モンゴル軍による戦闘があった地域では現地の住民を捕虜として獲得し、奴婢身分となったこれらの捕虜は、戦利品として侵攻軍に参加した将兵の私有財として獲得したり、戦果としてモンゴル王侯や将兵の間で下賜や贈答、献上したりされていた。



ひで~事するな~! 生きたまま船壁につるしたとも言われているが矢避けにしたらしい。
さてこの元軍であるが蒙古、漢、高麗の連合軍であった。


すでに元に屈服していた朝鮮の高麗王の忠烈は、どうやら日本の侵略をフビライに進言し、高麗軍が侵略の主力の一端を担っていた訳である。(まあ抵抗できなかっただろうが)


世界最強帝国の元に日本が如何に立ち向かったかは歴史的事実として理解してゆく必要がある。
しかし、オジサンとしてはこのストーリーが進み、モンゴル、中国、朝鮮(韓国)の日本への侵略と虐殺がクローズアップされて来ると、またいらぬ歴史問題を引き出してくる輩が現れて来ぬかと老婆心をもってしまう。


韓国の前大統領の朴槿恵が「加害者と被害者という歴史的立場は、1000年の歴史が流れても変わらない」と要らぬ事を言った。


確かに元寇で日本侵略の片棒を担いだ韓国、朝鮮は加害者である。しかし、元に屈服するまで約30年間に元の侵略を受けて国土を荒廃されられた被害者でもあった。


元に屈服する事を良しとせず最後まで珍島で抵抗していた三別抄の朝鮮軍(実は日本にSOSの書簡を送っていた)もあったが、世界最強帝国を前に高麗も南宋もどうしようも無かったであろう。


世界史を見るとヨーロッパの100年戦争なども悲惨な戦争であったし、何処にも戦争の血と涙が流れていない国は無いだろう(カナダは無いとカナダ人は言ってたが)。


しかし、それを1000年恨みに思う国は稀だと思う。


オジサンは仕事上でも韓国の人と付き合う事が多い。


最近の寿司屋は韓国人が実に多いのです。
近くて遠い国、似てるようで違う国、韓国。
すごく素敵な人と、困っちゃう人もいる韓国人。


次回は少しオジサンの韓国人とお付き合いストーリーをブログしてみようと思う。




独立記念日

ワールドカップの日本チームの奮戦に多くの日本人が国の内外を超えて熱狂した2週間では無かっただろうか。
オジサンの会社は日本人とメキシカンで構成されているので米国西海岸では朝8時からメキシコ X ブラジル戦、11時から日本 X  ベルギー戦は社員一同でそれぞれの母国を応援した。
いや~劇的な敗戦は残念ではあったが、夢と感動を与えてくれたサムライ ジャパンであった。
オジサンの5ドルが千ドルになる夢は潰えたが、いい夢を見させて頂いたと思う。


さて、明日は7月4日 米国独立記念日である。
会社も休みだが、水曜日なのでラスベガスに留まる事にした。


この国の誕生日なので一般家庭も花火をあげる事を唯一許されている。(他の日はダメです)
アメリカの愛国心が一挙に盛り上がる日である。
アメリカに居るとアメリカンの愛国心の強さに感心する。
星条旗を愛し、国歌を愛する国だ。


残念ながら日本はいまだ国旗、国歌に対しての論議が起こる独立国家としては珍しい国である。
何かと愛国心を主張するとナショナリストと思われるきらいがある。


アメリカでは政府や大統領に反対するデモでも必ず星条旗をもってデモしている。
自分達の主張が愛国心から来ている事を示しているからだ。


イギリスの小説家バーンズは
『最高の愛国心とは、あなたの国が不名誉で、悪辣で、馬鹿みたいなことをしている時に、それを言ってやることだ。』
と言っているが、政府が間違っていると思うなら、愛国心から反対意見も述べれるしデモをする事も民主主義国家では自由だ。
まず中国や北朝鮮ではありえない事であろう。


日本は愛国主義(ペイトリオッテズム)と国家主義(ナショナリズム)が混同されがちである。
前に見たNHKの『100分de名著 司馬遼太郎スペシャル』で紹介された彼の著書『この国のかたち』の中の昭和の説明で『鬼胎の時代』という言葉を使われているが、その解説を静岡文化芸術大学教授の磯田道史氏が分かり易く説明されていたので抜粋させて頂いた。


ナショナリズムとパトリオティズム

では、なぜそのような「鬼胎の時代」が生まれたのか。その背景には、ナショナリズムの暴走があると司馬さんはとらえていました。ナショナリズムという言葉は、一般には国家主義と訳されるものですが、司馬さんは、お国自慢や村自慢、お家自慢、自分自慢につながるもので、あまり上等な感情ではないと思っていたようです。一方で、ナショナリズムと混同されやすい概念にパトリオティズム(愛国主義)がありますが、司馬さんは、愛国心と愛国者というものは、もっと高い次元のものだと考えていました。


ナショナリズムとパトリオティズムの違いについては、お家自慢のたとえで考えてみるとよくわかります。たとえば、ある地域社会で、自分はよい家に生まれたのだといって誇りに思っている人がいます。その人が家柄を自慢し、ほかの家を馬鹿にする。何ら自分の努力で手に入れたわけではなく、ただその家に生まれただけなのに他人を見下していると、自分は金持ちなのだから、貧乏人を従えて当然だという考えに陥っていきます。自分がかわいいという感情が、自分の家がかわいいと変形したにすぎず、その「自分の家がかわいい」を「自分の国がかわいい」と国家レベルまで拡大したものがナショナリズムだというわけです。



対して、「いや、自分はたまたま名家に生まれついたのだから、一層きっちりとして、さらに周りから尊敬される良い家にしよう」と考える人もいます。これは言わば「愛家心」ですが、この感情を国家レベルでおこなうのが、司馬さんのいう「愛国心」に近いと思います。自分の家をよくするだけではなく、周りの人たちのお世話までできる家にする─その高い次元の、真の愛国心を持った人が支配層にいる間はまだしも、持ちにくくなってきたときに国は誤りをおかします。そんな姿を司馬さんは活写しています。国の単位だとわかりにくいのですが、家の単位に転換して考えてみると、このあたりの問題はよくわかるのではないでしょうか。


今回ワールドカップでも日本のサポータが試合後にゴミを清掃してゆく姿が『日本人の美徳』としてニュースになり世界中で讃頌された。


日本チームを愛し、応援し、国旗を振って国歌に涙し、更には「日本人の美徳」を他の国に伝えるとのは司馬氏の言うナショナリズムでは無く、もっと高度なペイトリオテズム(愛国心)であると思う。


オジサンの尊敬する内村鑑三翁も「二つのJ」を愛したと言われる。
JesusとJapan の事であるが、彼もまたナショナリストでは無くペイトリオットであった。


彼の墓碑には「I for Japan; Japan for the World; The World for Christ; And All for God.」と彫られている。


オジサンも日本のサッカーサポータを見習って『日本人の美徳』を「この世界の片隅に」少しでも実践するペイトリオット(愛国者)となりたいものだ。