砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

BUFEETに行く

オジサンの会社は月に1回、第2水曜日に社員全員でランチに行く。
発音が難しくバフェでもビュッフェでも通じない(もともとはフランス語)、
要は食べ放題の事です。


今回はMAKINOレストランに行った。
ここはベガスでも美味しくて安い、大人気店だ。
ロスで「江戸っ子」「TODAI」などのバフェイのチェーン店で成功してこられた
バフェイ王マキノさんのお店である。
オジサンも個人的にも大変お世話になっている。


日本食 食べ放題でお寿司からラーメン、中華、焼き肉など何でもあり、
ドリンク入れて20ドルぐらいなのでベガスに来たときはオススメです。


寿司のクオリティーが良い。〆サバはプロの爺ちゃんが作ってる。

色々なサラダがうれしい。

師匠~そこどいて!スイーツも手作り、独り占めはムシが良すぎる。(昨日の話を引きずってました)


オジサンのチョイスはコレ。さすがに食い過ぎて,また血糖値のボーダー越え確実。



ベガスは食べ放題の店がいっぱいありますが、当たりはずれもあります。


オジサンもベガスに家族が来るときは、予算の心配をしなくて良いココで食べてます。
寿司屋に息子を連れて行こうものなら、注文ごとに金額にビクビクして食事どころでは無くなってしまう。


ベガスに比べると
ロサンジェルスの食べ放題は中国系、韓国系が多くオジサンには合わなかった。


30年ほど前、オジサンと奥様はサンフランシスコに住んでいたが、
I 大先輩に呼ばれて始めてロサンジェルスに来る事になった。


I先輩は歓迎してくれて韓国系バフェイに連れて行ってくれたのだが、
ナマコとか内臓料理が多くてちょっと食べれなかった。
ナマコの三杯酢なんかは少しは大丈夫だか、ここのナマコは原形を留め、味が濃いのと,アブラアブラしている物が多くて ひゅるひゅる~と食欲が無くなってしまった。



I先輩の先祖は大陸系の方だったに違いない、そのナマコをバクバク、内臓料理をガウガウと食べられていた。中国の大人に見えた。
今もニューヨークで元気に働かれていらしゃる。
まさに「食欲のある事は、生命力がある事」と思う。


I先輩がベガスに来られた折には、今度はMAKINOに是非ともお連れしたいものである。



アメリカだと肥満の基準が広いので大変である。
この前、オジサンも息子に「ちょっと太ったんじゃない?」と言うと。
「お父さん、アメリカでは僕はまだ痩せている範囲だよ」と言われた。


肥満には国際標準.基準は無いのか⁉


オジサンもアメリカでは痩せていると言われるが、日本では中肥満に入るらしい。
と言うか、日本に帰ると、若い人が痩せすぎている様に見える。


日本の将来を担う若者は食欲旺盛で、生命力を高めて頂きたい。
少子化を防ぐには若者の生命力にかかっている。


最近の研究では、少し太っている方が長生きすると言われてれてるそうである。
(と奥様が言われていた)
60歳を超えたら食べすぎ注意。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。