砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

ムシの知らせ。

アメリカではスーパーマーケットにもサプリメントを置いているケースが多い、
やはり、医療制度が日本と違い、保険が無茶苦茶高いので病気になる前にサプリで未然に防ごうとするのかもしれない。


今日も食材を買いにスーパー行ったついでにサプリメント コーナーで色々と見てきた。
係りの人がいて、その辺でブラブラしているので色々と相談できるのもありがたい。
髪の毛が薄いんです、こんな症状の毛ですがオススメのシャンプーは?とか、
血圧のサプリ、糖尿のサプリなど気軽に質問できる。
今日の係りはナンシーさんだった。


さて、私が身体の不調を気にし始めて、ながーく遠ざかっていたドクターに
行くようになったのは、ムシ虫)の知らせがあったからです。


5年前の夏、うだるようなベガスの夏の夜、窓を開けて寝ていたのだったと思いますが、
が1匹、耳の中に入ってしまいました。
大した事は無いだろう、そのうち出て来るだろうと思ったのですがナカナカ出てこない。
は光が好きだから懐中電灯でライトを当てれば出てくる!」と自信をもって同僚が言うのでやってみたが、ダメ。
「ダメだったか~そのは光が嫌いなタイプかもしれないな~、光が好きならわざわざ暗い耳の中に入って行かないか、もっと中に入っていちゃう ハッハハ~」とまったくの他人事。お前こそがダメと思た。


何をやってもムシ(虫)は元気よく、オジサンの耳の中でガサゴソやっている。


もう限界だ!と思ってドクターに行った。


「ちょっと痛いよ~」と言って耳の中に暖かいオイルを注射器で注入すると、
ナント、オイルと共には出て来た。
こんなのが1日中オジサンを苦しめたのかと思うほど小さいムシ(虫)だった。


決まりなので、血圧を調べるとドクターが言う。
オジサンは血圧には自信があった。今まで基本的に血圧は引っかかった事はなかった。


だから「血圧が160近く高いよ」と言われた時はショックだった。


耳にが入ってイライラしていた理由もあった。
しかし、ドクターは定期的に調べろと言うのでアポをとって血液検査などをしてみると、色々と出てきた。
その都度、問題は対処して良くなったが、あのムシが耳に入って来なかったら、
ドクター嫌いなオジサンが身体を調べてもらう事は無かったので病気になっていたかもしれない。


ムシ(虫)は自らの命を犠牲にして、オジサンの身体の不調を教えてくれた。
(出来たらアノ虫のお墓を作ってあげたかったほど感謝している)


コレこそが本当の虫の知らせだったのである。



この話を、オジサンの業界のシーラカンスと呼ばれ御年72歳であられる会社のS師匠(部長)にすると、
ムシ出来ない話だね~」と切り返してきた。


皆様も虫の知らせにはくれぐれもムシしないようお願いします。


こんな感じで今日の日記ブログを終えるのはムシが良すぎるかな~(クドイカナ)。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。