砂漠の徒然草のブログ

ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。

そこに愛はあるのか!

サプリな日々

昨日の鼻かぜは治った! 完全復活である。


先ほど奥様に、そう告げると「単純な身体だね~」と言われた。
確かに、そうかもしれない....。


私の療法はバイタミンCなどの栄養を取る事と身体を温めて良く睡眠を取ると言う、極めて単純な療法である。


エプソムソルト風呂で体が癒され温まり、すぐベットに入ったがトイレに起きる事無く、ぐっすり寝れた。目覚めも爽快であった。
これで風邪の初期症状ならたいてい治る。喉が痛くなったら、タイガーバームを喉の周りに塗って、タオルかスカーフを巻いて温めるとだいぶ良くなる。


こじらせてしまった場合は単純にはいかないが、刑事の捜査と病気は始めが肝心です。


55歳までは、ずいぶん無理をして身体を酷使してきたが、
もうオジサンは「生き方変えたんです!」


「生き方を変えた」幾つかのキッカケがあったが、
最近のでは、3年前に体中が痛くて身動きが取れなくなった事であった。


ドクターに行って薬を飲んだが、多分身体の神経を鈍らせるタイプのものなのか痛くはなくなったが、原因が分からないので、また出て来るのではないかと不安になった。


そこで針医者(東洋医学の大学)に行った。仕事、生活のスケジュールを告げると
「なんだそりゃ!歳を考えなさい」
「普通だったら、もう倒れている。基本的に丈夫な身体だから何とかなってる」
と言われ、お母さんに「丈夫に生んでくれてありがとう」と心の中で感謝した。
更に、
「ローソクの火をつけ放しにしていたら早く無くなるだろ。休む時はシッカリ休まないと君の寿命も同じだよ」
と言われ、「なるほど、そのとうりだ」と深く納得した。


オジサンの命の火を灯された寿命のロウソクが目に見えた(ようだった)。
あまり長くも短くもなかったような。


なので、最近は無理はしない。無理して身体を壊せばそのぶん仕事は遅れるし、他の人に迷惑がかかる。
自分の身体との付き合い方が分かってきたのです。


ましてや単身赴任だと看病は無いので、初期段階で治すに限る。


食事と睡眠が重要ですが、こうした生活で十分栄養を補給する事は難しい。
そこでサプリメントを大いに活用してます。


ドクターで血液検査をすると何が足りないかはすぐにわかる。
ドクターはカルシュムとバイタミンD&Cを取るように指示されたが、
そのほかに
糖尿病予防のサプリ、血圧調整のサプリ、そして今回の男性機能障害(前立腺障害予防など)の為のサプリSAW PALMETTO(ノコギリヤシ)を飲んでいる。



漢方薬もそうだが、これらのサプリは果物や野菜などから成分を抽出する。
そう考えると、
「神様は人間の身体に必要な物を、自然の中に用意されている」とその不思議に感謝する。
ノコギリヤシなどはアメリカの何処でも生えていて、インデアンが薬に使っていたそうだ。


もし、このブログを読まれている奥様方がいたら、ぜひ理解して頂きたい。
男性にも更年期はあるのです。


チョト恥ずかしいから言わないけど、いろいろ身体にガタが来ているのです。


夜、人知れずトイレからナカナカ出てこない旦那がいたら、ノコギリヤシの一つでも買ってあげたら如何でしょうか⁉
(オジサンは小林製薬から、金銭授与は受けてません、クダサルナラモライマス)


ノコギリヤシ以外にも色々ありますので、体調を気にしてやってくださいね。


平均寿命の短いのは男性なんです。
オジサン達の命のロウソクを長く使いましょう!


昔は「男尊女卑」と言われましたが、今は違います「男損女肥」と書くのです。
損するのは男性で、肥えるのは女性の方が多いのです。


もしかすると65歳を超えた男性は絶滅危惧種かもしれません。
顔で笑って、背中で泣いているオジサン達に愛の手を!


奥さん!クリスマス近いですよ!






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。